丸ボタン SS小史 menuへ    スタッフ・オンリー menuへ    磐梯ひじかたの homeへ戻る

 磐梯ひじかたss 小史 (年度版)
◆'72シーズン (昭和46/47年)
◇主な出来事
 S46.12 赤面スキー場オープン 分校開設 / 担当スタッフは数名のチームで入れ替え
 S46.11 立山の初滑り合宿で、矢野邦史が深雪で転倒し脚を骨折
 1972.冬 グアム島で横井庄一サン28年ぶりに発見 /  赤軍派の浅間山荘事件発生
 1972=S47.2.3〜  第11回冬期オリンピック(札幌) 70m級ジャンプで日本が金銀銅を独占
 1972.3月  その後SAJのデモになる丸山健吉君(白馬--対岳館)が家出し、1週間程居候。(もしかしたら1974年3月かも)
 1972=S47.3〜.5  土方=フランス国立登山SSに招待留学
 1972=S47.7〜.8  16o映画「ブルースノー--イン--ニュージーランド」=反保公嘉プロ)
          ニュージーランド映画撮影=土方 大島 佐藤 後上 4名
 S47.7〜.8  第3回オーストラリア--スキーツアー参加スタッフ = 矢野、小桧山、+NZより佐藤 後上
 1972.3.15〜 第3回SIA検定会(苗場)/正会員=渡部、黒川、村井、佐藤、福島、+×矢野公二
 土方=SIA用具研究部--副部長(昭和46.6〜49.5/第 4〜 6期) / 理事
 矢野= この年の辺りから、契約先の(株)日欧の東京勤務が多くなる?

◇協力関係メーカー・商社--会社(順不同)
 昭和観光開発(株)、(株)日欧(アトミック)、(株)エバニュー(チロリア)
 (株)金田スキー製作所(カネダ)、GTOフーバー室(ウエア)、岡山 要商店(アストロ)

◇スタッフ
 原 正5 土方あきら5 矢野邦史5 大島清史4 村井正太郎(早稲田大)4 渡部寿雄(猪苗代・SIA正会員合格)2 矢野公二(広島市)3
 鈴木松男(喜多方市)2 小川栄子(喜多方市)2 黒川正博(初1 白馬SSよりSIA受験のため所属・SIA正会員合格) 三沢孝明(初)
 非常勤=
 小桧山 博(白河市)5 後上和幸(東海大)3 池内雅胤(亜細亜大)3 佐藤義彦(白河市・SIA正会員合格)3 宝田憲三(墨田区)3(記憶なし=黒川談)
 長渡明久(和光大)3 加藤稔男(川崎市)2 江幡広志(須賀川市)2 服部正樹(青学)(終4) 平瀬勝久(初 獨協大3)
 安藤 徹(初 獨協大1) 村山眞史(初 明治大3) 福島 剛(初 明治大3・SIA正会員合格)
 長渡(崎田)淳子(初 青学2) 伊藤純一(初 青学1) 吉田 勲(初1終)・誠(初1終 日大)(白河市)
 竹村?(初1) 佐藤?(女性)(初1)
72-1st_黒川正博の写真
72-1 黒川正博 +
左・69-73村井正太郎
(1985. 5撮影)
 賄い=
 石橋善行3 永田和男(初 和光大) 浅野志津子(初1 /1月〜)=昭和観光・嵯峨サン親戚
 岸 延江(初1終 実践女短1) 武藤(鈴木)道代(初1終 実践女1)=シーズン途中まで。
 三添史子?(初1終 上智大?)=途中〜後半担当 ??くき子or吹子?(初1終 大阪府高槻)

◇私の思い出 ----------------------------------------------------------------
 私は、SIA検定のため、1シーズンだけお世話になりましたが、今日までスキー界で仕事を続けてこられたのは、猪苗代での貴重な体験のおかげです。また、今親しくおつき合いいただいている方々も、このシーズンにお会いした方々です。
 何も知らない上、1シーズン限りの者を快く受け入れてくださり、訳隔てなくつき合って下さった、スキー学校とスタッフの方々。明るく、前進のみで、時には脱線もある自由奔放なスキー学校。「プロとはこんなものだ」と強烈に印象づけられました。
 スキー板、靴を初めていただいた時の喜び。新品のユニフォームを着たときの緊張感。プロカメラマンに撮影をしていただいた時の感動。どれも忘れることができません。
 そんな中で、いつまでも心に残っている、土方さんの言葉があります。
 「自分は二流だが、常に一流を目指している」、「スキー界で何を主にしていくか、早く決めなさい」この二つです。昔が懐かしくなる年代にさしかかった、今日この頃。良き時代の「無心」と「余裕」を思い出し、土方さんの二つの言葉を今一度、心にとめる機会にしたいと思います。                   (72-1黒川正博)


 戻る   topへtop   NextへNext     丸ボタン SS小史 menuへ    スタッフ・オンリー menuへ    磐梯ひじかたの homeへ戻る