丸ボタン SS小史 menuへ    スタッフ・オンリー menuへ    磐梯ひじかたの homeへ戻る

 磐梯ひじかたss 小史 (年度版)
◆'79シーズン (昭和53/54年)
 ひどい雪不足の年 = 1月15日過ぎまで猪苗代には雪なく、ただ涙
◇主な出来事
  ↓ 写真をクリックで拡大
磐梯チロリアSS '79パンフ表紙
磐梯ひじかたSS '79パンフ イラスト
磐梯ひじかたSS '79パンフ イラスト
磐梯ひじかたSS '79パンフ イラスト
磐梯ひじかたSS '79パンフ イラスト
 1985頃 月岡一公37歳頃
79〜 月岡一公
1985頃 月岡一公37歳頃
テニス スキー徒然草

別写真 2009
 1978.12    渡部寿雄クンの家の裏の納屋が火災
 当SSオリジナル絵はがきセット(末廣 明氏撮影)を、ヴィラやISK売店などでも販売
 '79より 【WE LOVE SKIING IN INAWASHIRO】Tシャツを岩花光博が作成。
       猪苗代、会津若松JRのキヨスク売店でも好評販売。
       '89〜'95のユニフォームの背中のロゴでも使用。感謝!大!
 '79ユニフォームもasics。大島君のご苦労で15着に増数。赤基調のサロパンとペアーのキルティング上着。+セーターも15着を希望(スタッフ通信1978.6.22より)。  土方およびSS事務所= 港区西新橋から、保谷市ひばりケ丘へ転居
 土方= 第11回インタースキー(世界スキー指導者会議)蔵王/日本大会役員
       渡部(寿)、大島、月岡、岩花が蔵王で見学
 ヴィラ・イナワシロ内で、ディスコ経営(目的はSSミーティング場所確保も兼ねる)
 第 5回 '79SIA総合会議/SIAフェスティバル(奥志賀4月) 招待チーム=なし
 1979.4 奥志賀/SIA受験/準会員=嶋田、南波、鈴木、×=(浅沼、森下)
 土方=SIA監事         (53.6〜55.5 第11〜12期)

◇協力関係メーカー・商社・会社(順不同)
 ヴィライナワシロ、昭和観光開発(株)、ケイアンドケイ工業(株)(コンケスト)
 (株)アシックス(17着)、(株)日本ダンロップ(エルバッハ10台)、山本光学(株)(スワンズ、大島君経由で10個提供+土方経由で5個追加)
 チロリアジャパン(締具10組)、ホープ(株)(締具10組 ポール10組)、((株)日欧→)日本アバリス(サンマルコ6足)


◇スタッフ                       (安藤 徹=アメリカにテニス留学)
 土方あきら12 原 正12 副校長=渡部寿雄(猪苗代)9 大島清史11 松崎 実(上伊那郡)7 岩花光博(三重県)6
 嶋田隆光(群馬県・SIA準会員合格)2 月岡一公(初 前・志賀石の湯パラレルSS) 鈴木定夫(猪苗代・SIA準会員合格)(初)
 非常勤=
 伊藤純一8 濱中利明(東京)7 浅沼義雄(国士館大)2 南波米男(猪苗代・SIA準会員合格)2 小柳利夫(鍼灸学校)2 長渡(崎田)淳子(終8)
 森下和夫(横浜市)(終2) 相模龍明(新野地温泉)(終2) 川上(光山)雅子(初 日大) 道山喜市(須賀川市)(初)
 居候ゲスト= 池内雅胤(三鷹市)(終10) 江幡広志(須賀川市)(終6=4+2)
 ディスコ担当= 長島(角谷)俊美(横浜市・麻布高?)(終2)

◇私の思い出 ----------------------------------------------------------------
 志賀高原のSSから猪苗代に移り、さっそく雪なしの洗礼。Jrコースでは、雪を求めてゴールドラインへ。道路上でレッスン!? 薄く張り付いた雪の上でエッジングすると、火花が飛んでいた。そんな中でも、子どもたちの明るさと、スキーのうまさには驚かされた。ホテルオーナーの娘のアッコ、熊木のヤッちゃんなどなどのメンバーである。そう、今彼らがうまいのは、ゴールドラインで、僕のレッスンを受けたからなのだ。
 Jrコースの4〜5日めは、雪を求めて只見スキー場までバスツアー。往復の車中で子どもたちが飽きないようにと、ずいぶんゲームやクイズをやったもの。大きくなって子どもたちがSS事務所に来て、そんな思い出話をしてくれるのは、本当に嬉しい。
 スクールのメンバーでは、大島のスキーのうまさ、寿雄さんの豪快さと酒の面白さ。岩花氏の几帳面さ、校長のズボラなようで、全てしっかり見ている眠力には驚いた。
 またコースレッスンのお客様のレベルが高く、最初はプレッシャーだった。でもそんな人達と一緒にレッスンをして、大沢の深雪を滑ったりする時は、本当にコーチ冥利につきると思った。彼らがどんどんアシスタントに入ってくれたので、冬のヴィラの生活は、楽しかった。麻雀をやりすぎた記憶もありますが……      (79〜 月岡一公)


 戻る   topへtop   NextへNext     丸ボタン SS小史 menuへ    スタッフ・オンリー menuへ    磐梯ひじかたの homeへ戻る