ようこそ 磐梯ひじかたSS組直系 副校長会 歴代総長

丸ボタン スタッフ・オンリー menuへ    丸ボタン もう読みあきた。磐梯ひじかたの homeへ戻る

横棒線
磐梯ひじかたスキースクール・スキー学校の赤馬マーク
イラスト谷井健三さん
 (スキージャーナル)
 

磐梯ひじかたSS組直系 副校長会 歴代総長


校長
原 正
初代'68〜'77
原 正(1968)
土方あきら
2代目'78〜'03
土方あきら(2002)

tabat_a
3代目'04〜'12
田端 敦(2002)

副校長
72-78安藤 徹の写真
初代 '78
安藤 徹
(2004.11撮影)
(別写真・SS事務所)
2代目 '79
71-96渡部寿雄(猪苗代)
71-96渡部寿雄の写真
('81パンフレット)
別写真 28周年記念1995
岩花光博
3代目 '80
岩花光博(2002)

大島清史
4代目 '81
大島清史(1968)
1985頃 月岡一公37歳頃
5代目 '82
月岡一公(1985頃)

別写真 2009
2011st_B_横山茂一の写真
6代め 副校長'83
82-86横山茂一(西白河郡)
(2011.2.撮影)
80-95細矢 誠
80-95細矢 誠(猪苗代)
('81パンフレット)
7代め副校長 '93 '94
87-00井上裕明の写真
87-00井上裕明
(1999)
8代め副校長 '95
tabat_a
9代目 '96
田端 敦(2002)

90-98五十嵐 伸
90-98五十嵐 伸(1990)
10代め副校長 '97
86-99吉田京子の写真1999
86-99吉田京子(台東区)
(1999)
11代め副校長 '98
吉田京子のお部屋


磐梯ひじかたスキースクールの概要
○1967(昭和42)年秋、福島県猪苗代スキー場において磐梯プロスキースクールを設立、
 その後、'70 磐梯チロリア・スキースクール → '73 チロリアスキースクールと改名し、
 1977年 6月 現名称に変更(同時に拠点をヴィラ・イナワシロに移動)。
 設立以来、45冬。
  会社法人としての正式名は、(有)スキー工房(法人成りは 平成元年(1989年)9月20日)。
 2012.3.25最後のシーズンを終え、2012.6.08をもって磐梯ひじかたスキースクールの45冬の幕を閉じる。



◇磐梯ひじかたスキースクール組直系◇
副校長会 歴代総長校 長

初代原  正'68〜'77
初代安藤 徹'782代目土方あきら'78〜'03
2代目渡部 寿雄'79
3代目岩花光博'80
4代目大島清史'81
5代目月岡一公'82
6代目横山茂一'83
7代目細矢 誠'93 '94
8代目井上 裕明'95
9代目田端 敦'96
10代目五十嵐 伸'97
11代目吉田京子'98

3代目田端 敦'04〜'12
その他 役職
  '83〜  原 正   = 会長に就任(1984.7 死去までの間)
  '09   八木正路 = 主任コーチに就任


 1977年春(6月)、東京の虎ノ門のわが家に原先生、渡部寿雄、大島清史、松崎 実、崎田淳子、岩花光博、安藤 徹さん達にお集まりいただき、「チロリアSS」の解消について話し合いました。
 私が引き継ぐに当たって希望条件の1つは、
 「経営・運営責任は土方が持つが、校長と副校長を毎年ローテーションさせる」ことでした。
 しかし賛否の結果は、「校長=土方で固定、副校長のみ=ローテーション」という妥協案でまとまりました。
 その結果として、上記のように現在までに11代の副校長が誕生しています。


 本来なら毎年交代で20代以上の副校長を誕生させたかったので、ある事情で間に休みが入り、最近は中堅スタッフ不足などの問題もあり、現在のようになっています。
     (2000/ 3/26 土方あきら)

丸ボタン 次のページへ    topページへジャンプへ    スタッフ・オンリー menuへ   

横の棒線