大島清史  薄衣敏明  園部知昭  柴田邦弘へ    (原 正 写真・略歴へ )
 home  磐梯ひじかたSS  スタッフ・オンリー  スタッフ写真・集合
68-84 原 正さんの写真・略歴   (略歴は写真の下にあります
1970年(45歳頃)?原 正さん その翌年?の原 正さん
原 正さん
 阪本勁夫さん(埼玉)宛の「昭和45年夏、暑中見舞いハガキ」より。
 その年(45歳頃?)の春スキーでのものではないでしょうか?
原 正さん
 左の写真の翌年、昭和46年のもの(同じく阪本勁夫さんより)。
 68-84原 正さん、(1984.7没)

68-84 原 正さんの写真・略歴
昭和元年(1925)、 〒965-0805 福島県会津若松市天寧寺町 3-35 にて誕生。
復員後、 電電公社(現・NTT)会津若松支局に、勤務(1984.7永眠するまで)。
 その傍ら、高橋一良さん(会津若松市昭和町 SAJ福島県連副会長1968〜73、SAJ福島県連会長1974〜79、)に師事し、SAJ正指導員を取得。
1963年(昭和38年)秋
(または1962年秋)
〜4シーズン。
 誘われて、猪苗代のエバニュースキー学校(現・三浦雄一郎スノードルフィンスキースクール)に加入。
 1年遅れで、1964年秋、土方あきらが同校に加入。
1967(昭和42)年秋、 福島県猪苗代スキー場において、土方と一緒に磐梯プロスキースクールを設立、
 その後、'70 磐梯チロリア・スキースクール → '73 チロリアスキースクールと改名し、
 1977年 6月 現名称「磐梯ひじかたスキースクール」に変更。
同校・初代校長
同校・初代会長
磐梯ひじかたSS '81パンフ顔写真 原
54歳頃
磐梯ひじかたSS '81パンフ顔写真 原・土方
  '81パンフレットより   
同校・初代校長('68〜'77)を10シーズン勤め、以降も猪苗代でスキーレッスンを続ける。
初代会長'83〜就任し、1984.7死去までの間を務める。
1968年11月30日
1970出版「スキー教室」(長岡書店)より原 正
1970出版「スキー教室」(長岡書店)より原 正
1970出版「スキー教室」(長岡書店)より原 正
1970出版「スキー教室」(長岡書店)より(著者:土方あきら、写真:末廣 明)。44歳頃
SIA(現・(社)日本職業スキー教師協会)誕生と同時に1期、理事を務める。
1984.7永眠 1984.7 原 正さんが逝去。享年59歳?
 亡くなる年の3月まで、最後のシーズンまで、現役スキーコーチとして活動を続けられたスキーの虫でした。
 お墓は、会津若松市の建福寺にあります。ここには、長岡藩の河井継之助のお墓もあります。
(2012.3.31ひじかたSSの幕を下ろすに当たり、土方あきらは恩師・原さんに報告して参りました。)
建福寺
 〒965-0823 福島県会津若松市建福寺前7-3
「仏のターちゃん」 を偲んで
 磐梯チロリアSS
  '70パンフ表紙より
原 正
68-84原 正

 43歳頃
  (1984/ 7没)
矢野邦史
68-77矢野邦史

 25歳頃
  (1999/ 9没)
 「※原先生=レッスン直前「オレのパス券はドコだっ?」と言ったら=原先生に「何様のつもりだっ!」と怒られた=自慢じゃないが、あの温厚な原先生に怒られたのはオレくらいだと思う。 (72-73平瀬勝久)」
 と、スクール創立28周年記念の同窓会(1995.10)の記念誌に、平瀬君が書いています。

 このように、たいへんに温厚な人柄でした。会津若松の友だちからは、お名前の正さんから「ターちゃん」と呼ばれていたので、私が密かにつけたあだ名が「仏のターちゃん」。
 年齢や経験など関係なく、人の意見を積極的に、かつ謙虚に聞くことも、特筆すべきことです。
 そういう原 正さんに、丸20年間、しかも一緒に作ったスクールでは17年間も師として仰ぎ、ご一緒できたこと、たいへんに幸せでした。
2007/ 8/22 土方あきら

大島清史  薄衣敏明  園部知昭  柴田邦弘へ    (原 正 写真・略歴へ )
 home  磐梯ひじかたSS  スタッフ・オンリー  スタッフ写真・集合