私・わたくし(ひじかた・土方 あきら)

磐梯ひじかたスキースクールワッペン(青色)の画像 磐梯ひじかたスキースクールワッペン(赤色)の画像
イラスト 谷井健三さん
  ( 著書など )
  ( 土方あきらの個人情報 )
丸ボタン 磐梯ひじかたスキースクール
丸ボタン スキー情報満載の homeへ戻る

有言実行をモットーに、生きてきました。そのためスキー界では、一部の人から煙たがられています。でも、根はいい奴、のハズです。



自己紹介

わたくし 自己紹介させていただきますと

一応、磐梯ひじかたスキースクールの2代目校長(1978年から2003年)で、「土方あきら」です。

土方あきらの顔イラスト
スキーのばいぶる
(スキージャーナル)

小学生のときに、「鉱石ラジオ」を作り、以来、電気・通信関係に進むことを夢見てきました。砧(東京)にある、NHKの電波研究所の技師になることが、夢のゴール。

高校は、東海電波の電子科で、ここまでは夢に向かって、まっとうな人生でした。

ところが卒業間近になって、「パチプロ」になるか、「屋台のラーメン屋」のおやじになるか、悩みました。

ところが、その末に選んだのが、東海大学の原子力工学科(東海大36原)。これが我が人生で最大の誤り。友人はできたが、とにかく勉強はしなかったですね。

そして、卒業と同時に選んだのが、このスキーの世界。以来、30数年。山とスキーと自然が大好き人間にとっては、それなりの苦労はありましたが、良き人生かな!スキーが食えない世界とは、知らなかったのです。食うために写真も覚え、本を書く技術も覚えました。


丸ボタン港区立南桜小、愛宕中の卒業年度のクラス別集合写真(名前入り)を差し上げます。 丸ボタン
 私は、旧・港区芝南佐久間町の住人だった土方 啓です。港区立南桜小学校(1955年卒)、港区立愛宕中学校(第11期生・昭和33年卒)。
 南桜小、愛宕中学の卒業アルバムから各クラス集合写真をスキャンし、名前入り写真を作りました。顔もクリアー。
 私とクラスが違っても、ご希望の同期生には差し上げますので、どうぞ遠慮無く一報を下さい! 丸ボタン mailメール 丸ボタン


丸ボタン 港区立愛宕中学校・南桜小学校の写真ページ
 ちょくせつ、アクセスできるページを作りました。こちらをご利用下さい。(2013/9/24)

ページ上部へ

大変お世話になりました

エバニュー (後にチロリアやK2の代理店)
1969年9月から1974年秋まで5年間の契約。
独立と同時に、岩井富士男専務(前社長・1997.9没)ご夫妻から暖かい援助。2年後からは契約。
当スクール名は、'70〜 磐梯チロリアSS → '73〜'76 チロリアSS。これは、後援・エバニューのチロリア締具からの命名。
1978年 K2 スキーの写真
1978年 K2スキー
1978年 アストロ スキー靴の写真
1978年 アストロ スキー靴
岡山 要 商店 (国産のスキー靴アストロのメーカー)
1969年9月から1971年8月の2年間の契約。
金田スキー製作所
1969年5月から1974年6月の5年間の契約。
ほぼ月に1度は、富山県城端に行き、スキー工場の現場で好きに活動させていただきました。
1970年から1974年頃 金田スキーの写真
1970年代前半 金田スキー
写真はじょうはな解体新書より。
日本オート輸送(リフト メーカー)
1970年6月から1971年5月の1年間の契約。
1978年 サンマルコ スキー靴「トップレーサー」の写真
1978年 サンマルコ スキー靴
「トップレーサー」
日欧 (当時はアトミックスキー、サンマルコ靴の代理店 高橋秀輔社長(2000年没))
1974年11月から1977年6月の3年間の契約。
主な仕事は、毎月1回給料を受け取りに行くこと。信じられますか。
ミズノ
1981年8月から1998年7月の17年間の契約。
スキー靴を担当し、最高の製品作りを夢見ましたが、私の力及ばず、でした。
株式会社コンケスト (旧 ケイアンドケイ工業 チューンナップ用品コンケストのメーカー)
20年ほど前から今日に至る。

などなど、ひじょうに多くの会社から契約で拾われ、また個人の方々にも支えていただきました。

その半数以上は、「食えないスキー界で頑張る若者に対する応援」でした。決してギブ・アンド・テイクだけ目的ではない、暖かい応援は一生忘れることができません。

ページ上部へ

その方々には恩返しできませんが

カッコつけになりますが、そういう会社や方々への恩返しは、ちょくつ出来ません。格が違いすぎるほどの十二分な大物であったり、あるいは既に故人になられていたり、などなどの理由によるものです。

そこで、大好きなスキー界の後輩や、スキー界そのものと自然界に対し、何かをしたいと考えています。まあ、こういう考え方をするようになったのは、歳をとった証拠ですね。

ページ上部へ

職業は?

スキーのよろず屋です。1年間をスキーで食っていきたいのに、食っていけない世界なので、若い頃はいろいろやりました。

25歳の頃、我々よりスキーの名手だった笛田 孟俊さん(写真家)から、「たとえ僕らが何日山に入っていても、晴れない限りは写真が撮れない。その点、毎日スキー場で暮らす君たちなら有利だ」とおだてられ、写真を撮る側の世界にも入りました。

以来、オリンパスのモータードライブも3台購入し、雑誌に発表したり、代理店に預けたりもしました。

土方あきらのスキー滑り写真
土方あきらの滑り

26歳。「スキーフレンド」という雑誌の編集部で、アルバイトのときのこと。「キミのカタカナのは、区別がつかない!」と、注意を受けたことがあります。

この程度のレベルの人間でも、苦労をしながら、その後20年ほどは、各スキー雑誌に大量の原稿を書いています。経験と共に成長し、今までに20冊ほどの単行本も発表しています

話がとくに得意だった訳でもないの、講演や講義なども今では仕事にしています。

見よう見まねで始めた趣味のホームページ作りも高じて、その後ホームページ製作・管理人も仕事にしています。

などなどから得た教訓は、「確かに、誰にも得意不・得意はあるが、誰でも経験さえ積んでいけば、一応その道のプロになれる」ということです。

ワールドカップで活躍している名手たちも、最初は全員が初心者。平地に近いような緩斜面で転げ回っていた時代があったのです。

一般の人から見れば、スキーの上手なスキーコーチたち。その大半の人たちの運動能力は、決して高くはありません。それでも、環境に恵まれ、滑りまくっていれば、あの程度には誰でも必ずなれるものなのです。

ページ上部へ

自己紹介の最後に

自然環境保護にチョッピリ関心を持ち、ささやかな実践を心がけています。

その関連の話も、「おもろい話・いい話・いい加減な話」のページの中で、少し紹介してあります。それに関連して、「信じがたいほどの威力のEM(有効微生物群)って、な〜あに?」にも関心を持ち、普及にもささやかな力を入れています。

また、全てに対して「有言実行をモットー」にしているため、口うるさく、スキー界では一部の人からは嫌われている、はずです。

私はヒゲを生やしているため偉そうに見え、腰痛で腰が曲がらず態度もでかそうに見えますが、根は優しい小心者です。どうぞお気軽にお付き合いください。

参考
土方あきらの個人情報

ただのまじめな肩書き、職歴、役職歴などです。見ても面白くありません。

また、スキーの本も20冊ほど書いています。

私のスキースクールでは、「万一ご満足いただけないときは、レッスン料返金」、「予約のキャンセル料は原則不要」、「**日本一」などなどをうたっています。

そのために、「かえって疑わしい。実際に現地に来てレッスンを受けるまでは、半信半疑だったと」いうお客さまもいらっしゃまいました。

このようにホームページを疑われている方、私を信用いただけない方用に作りました。

ページ上部へ

趣味は

趣味その1.大好きなパソコンのこと

20年数前の1982前頃にシャープの「ボケンコン」から入り、NECのPC-8001(カナ専用機)、無印の9801へと移り、以来NECの98シリーズ一筋で、7台ほどになります。

1つ前のパソコンは、1997年8月に購入の「PC9821-V200MZC2」(クロック=199.6MHz メモリ=96MB)。DOS-ベシックとの互換性の関係で、長い間買い換えが出来ず使い続けてきました。

ついにその問題が解決出来、2002年7月にNEC「PC-VL3003D」(クロック=1.1GHz メモリ=240MB)に買い換えが出来ました。OSのWindows-XPは快適の一語です。(その後2003年10月に、ソニー バイオ PCV-HS23BL5(2.30 GHz)を購入)

初期段階の話ですが、漢字が表現できるようになったときは、大感激。でも単漢字入力。そこで自分たちで1年かけて入力し、熟語辞書を自作したのも想い出です。

それまではテープレコーダーのようなものにプログラムやデーターを記録していたときに、10万円を切った8インチのフロッピーディスク・ドライブが登場(1984年 98,000円)。その後、粗くて見にくいカナ専用プリンーターが大半の時代に、20万円ほどの格安・漢字プリンターが登場。これにも大感激して、飛びつきました(1984年 215,000円)。今ならどちらも、1、2万円〜で購入できるので、パソコン関係は本当に安くなりました。有り難いことです。

DOSソフトのマニュアルは1冊書いたこともありますが、ウインドウズは初級者、インターネットは初心者でした。スキーは? たぶん上級者のはずです。

こんな私が、まったく手探りの状態で、このホームページを自作しました(1999年6月27日)。

それから2年が過ぎた2001年7月には、次のスーパーフィートと(社)日本職業スキー教師協会の2つのホームページも、製作・保守・管理・運営を業務担当していました。

ページ上部へ

趣味その2.登山とスキー

東海大学に入り、スキーが目的で入ったのが「ワンダーフォーゲル部(TWV)」。会員番号060050。ポスターと、勧誘の女子部員の笑顔にコロリと騙されて入部しましたが、登山部に近いもの。授業よりも、山か部室で多くの時間を過ごしました。

でも最近は、全日本腰痛連盟の会長(当スクール内で勝手に作った連盟です)。膝も機嫌が悪いため、登山はご無沙汰です。体調が戻れば、将来は軽登山を復活の夢は持っています。

冬の3カ月は、毎日スキー場にいること。これは、スキー大好き人間にとっては、たいへんに美味しいことです。その代わり、一番の趣味であるスキーを仕事にしてしまったことは、我が人生の大きな過ちの一つでもあります。

ページ上部へ

趣味その3.日曜大工が高じて日曜工務店に

以前は、日曜大工が趣味でした。人から頼まれて、ベッドや鏡台などを作ったこともあります。スキー関係のいろいろな雪上実験では、必要な小道具の自作もでき、この趣味は役立っています。

わが家の2F天井と屋根の間に、物置部屋を作りかかったこともあります。図面を引いたり、模型を作ったり、けっこう楽しかったです。が天井に穴を空けたところで、けっきょくは素人の手には負えず、途中から工務店に頼みました。

自由業の特権で、自分の仕事のスケジュールはどうにでも調整できます。一時期は、日曜大工が日月火水曜大工になり、残りの木〜土曜に本業。

最近は、壁紙貼りに少し凝っています。これも慣れで、プロなどに道具とコツを教われば、けっこう上手くできるものです。しかし、なかなかの大作業なので、本当は途中で投げ出したくなります。とくに天井の壁紙貼りはたいへんです。

ページ上部へ

趣味その4.低レベルでの音楽

趣味は音楽鑑賞というほど凝ってはいませんが、ジャズは好きです。それも上品なものよりも、モダンやスウィングやデキシーなどの少し土臭いほうがいいですね。

若い頃は、クラッシック大嫌い、邦楽はお経のように聞こえましたが、最近はたまたまこういうものを耳にしても、悪くないと感じています。

楽器としては、尺八、竹笛、ケナー、和太鼓、ドラムなどの音色は大好きです。

自慢じゃないけど、尺八、篠笛、お琴は少し習ったことがあります。しかし、自慢じゃないけど、リズム感がひじょうに悪いです。ですから、まったくモノにはなりませんでした。そのため今は休止中。

ページ上部へ

趣味その4-2.尺八=音色は良くても曲はダメ

自己流時代の一時期は尺八に凝り、いたる所で吹きまくったものです。

今は日本のアルペンを代表する、トップレーサー平沢 岳選手の少年時代のこと。習い始めのバイオリンの怪奇音に悲鳴を上げた私に対して、「土方さんの尺八だって同じよ!」と、彼の母親・ヒロミさんに非難されたことがあります。

ドイツのミュンヘン空港?で、迎えの車を待つ間に、尺八を吹いたことがあります。同行の土岐 良次さん(現SIA副会長)から、ときどき想い出話として話題にされます。

立山では、風呂の中でよく吹いたようです。と時々、昔話を仲間からされることがあります。

一度は猛吹雪で雷鳥荘に閉じこめられ、持参していなかったため自作。それが流行り、従業員たちも制作。

今から20年ほど前の11月に、雷鳥荘で合宿を行ったどこかのスキー部の皆さん。もしあなた方の竹ポールの何本かが、30cmほど短くなっていたら、犯人は私たちでした。時効につきお許し下さい。

これだけ吹きまくった尺八も、リズム感に欠け、やはり下手でした。周囲にいらした皆さん、そして仲間の皆さん、毎度お騒がせし、ご迷惑をおかけしました。

ページ上部へ

趣味その5.読字です

読書というよりは、ジャンル無しの乱読で、いわゆる活字中毒です。

週間宝石、週刊現代、日経バイトも、愛読誌でした。でも今は時間不足のため、定期の購読誌は、日経ビジネス、日経パソコンのみ。

愛読紙は、天下の「東スポ」と日経新聞。どちらも40年ほどの筋金入りの読者です。

磐梯ひじかたスキースクール・スキー学校の赤馬マーク
イラスト谷井健三さん
(スキージャーナル)

東スポは、エロから大好きなプロレスまで、完全読破。十二分に元を取っています。

そのおかげで、宇宙人と握手している米大統領などなど、信じられない写真も見ています。でも、信じてはいけないのが東スポ。でも、世界の非常識の知識に入るには、絶対に東スポをお勧めします。

1999年9月20日から始まった高杉 良の連載小説「続・金融腐食列島 再生」。しかも、このイラスト担当は友人の谷井健三さん。いよいよ東スポ=神サマです。

東スポや週間宝石など、品のない新聞、雑誌も大好きです。

ちなみに、右の「スキーを持った鎧甲の武者と馬」のイラストも、私の注文でスキージャーナルの単行本用に谷井さんに書いてもらったものです。

ページ上部へ

お気に入りページ

窓の杜

窓ソフトの宝石箱。ウィンドウズ関係の、ソフトの宝石箱のようなページです。無料ソフトもあります。有料ソフトの場合も、価格は安価で、お試し期間付きです。ダウンロードも簡単です。

余談ですが、長い間、高い金を払い、何度も粗悪ソフトに騙されてきた私には、このシェアウエア(お試し)制度は、感謝あるのみです。しかも、価格も安いのです。

Vector

窓の杜と同じく、ウィンドウズ関係の、ソフトの宝石箱のようなページです。

Books

あなたが何かの本をお探しなら、このページで多分、必ず発見できるのではないでしょうか。私の名前(土方あきら)で検索していただくと、5,6冊の著書が出てくるはずです。

かぶこーネット

株式に関することなら、盛りだくさんの情報

ページ上部へ

教えて

いま、わたしが困っていること

もし以下が空白のときは、今はたいした悩みがないということです。その場合は、わりと幸せな状態なのでしょうね。

書き込みがあるときは、ぜひご指導をお願いいたします。

土方あきらの写真1999年頃
土方と無線機

2001年の秋からは大流行のウイルス「ニムダ」を、毎日5〜15通ていど受けていました。2002年の2月頃から少し収まり、最近はめっきり少なくなってきました。

ところがそれに代わって、「[ア、@.@ー偰タ*タスタサ タッチ*テナーエツ セ」」というような件名のメールを受けるようになっています。内容も同様で、「エンコード」を変えても読めない文字です。

2002年11月の今も、1日に3〜7通ほど届きます。

その大半は、「韓国語です。19分ほどかかりますが、ダウンロードしますか」と聞いてきます。この表示までに時間がかかり、削除するのもより手間がかかります。

(Windows-XPに代わってからは、瞬時に表示されていますが…)

送信元はいろいろです。

この悪夢が永遠に続くのかと思うと、とても悲しいです。この韓国語メールを受けなくて済むようにするために、どなたか、良い解決方法をご指導いただけないでしょうか。(2002年11月30日 現在)

その後、Outlook Expressの[メッセージ ルール] を利用して、送信者に「 co.kr 」が含まれる場合は、「削除する」を設定してあります。正式な韓国アドレスのメールは防げるようになりましたが、まだ一部です。

「 ***@**.hotmail 」や、その他の無国籍?アドレスを使って送られるメールが多いからです。(2004年4月25日 現在)

恐れ入りますが、磐梯ひじかたスキースクールメールを頂戴できれば幸いです。

ページ上部へ

おかげさまで

1997年から2002年夏頃まで、今?困っていたこと。

20年ほど前にパソコンを始めて、以来NECのパソコン一筋です。

というのは、ときどきは未だMS-DOS環境でも利用しています。経理や顧客などなどかなりのプログラムは、MS-DOS BASICで組んだ自作のものを使っています。

キャノン以外の大半のプリンターは、ウィンドウズ専用で、MS-DOS不対応、という時代です。

しかし、MS-DOS BASICで組んだプログラムを活かすには、ウィンドウズでの互換性の問題があり、困っていたのです。

自分でもいろいろ調べたり、1998年ころには「5?万本の販売実績」を誇る「BASIC/98」というOSを買ってみたりもしました。

ここで、教えてください。を書いた結果、数名の方からアドバイスをいたたきました。

最終的には、「N88互換BASIC for Windows95(潮田康夫氏作)」を使うことで解決出来、2002年7月には新しいパソコンを購入することが出来ました。OSのWindows-XPは快適の一語です。

その感謝の気持ちから、2002年11月30日本日、N88互換BASICの手引き書をホームページに載せました。

本プログラムの開発者・潮田康夫氏と、アドバイスをくださった方に心から感謝しています。

参考

ページ上部へ

2001年5月21日、今?困っていたこと。

お蔭さまで、「便利なスキー総合リンク集」は、シーズン中は月に1万アクセスを超す人気ホームページになりました。ここには、多分1,500ほどのホームページを紹介しています。

また、「得する電話代・通信費の節約法」は、月に4,000アクセスほど。

「信じがたい威力のEMって?」も、月に2,000アクセスほどをいただいています。

しかし各ホームページのアドレス変更はひんぱんに起きているのが現実です。そのために、リンク切れも少なからずあるはずと確信し、心配をしています。

こういうリンク切れをチェックするソフトは、無いのでしょうか?

2002年2月と3月に「S.T」さん、「M.O」さんという方から指導のメールをいただきました。

この手のソフトは沢山あります。googleやyahoo(検索エンジン)で、「リンク切れ チェック ソフト」と、3つの単語を並べて検索すればたくさんヒットします。

とのことですが、ホームページを開いてからは、時には見ず知らずの方から何度もアドバイスをいただいたり、助けられたりして、その度に感激しています。

ですから私もその恩返しとして、他の方へアドバイスなどをさせていただいています。

ところが一部の人では、泣きつかれ、せっつかれ、私からアドバイスをお送りしても、それで用が足りると梨のツブテ、ということもあります。その度に、未熟な私はカリカリしています。

しかしその一方には、上記のような方もいらっしゃいます。いろいろな方から親切を受けたり、知り合ったりすることのできるインターネットは、やはり素晴らしいですね。

ページ上部へ

もう読みあきた!Homeへ戻る

本文終了です。



以下はこのサイト全体の簡易メニューです。

ページ上部へ

SKIスキーのいろいろページ 1999-2006 © by 土方あきら
安心で楽しいスキーのレッスンは 磐梯ひじかたスキースクール へお任せ下さい