楽しいレッスンの磐梯ひじかたスキースクール スキーの話 スキーの話Top

アルペンスキー・ワールドカップ、五輪などの面白いお話

透明スペーサー
透明スペーサー
兄弟、姉妹で1、2位を独占
透明スペーサー
WC総合優勝 クリスタルトロフィーを何度も手中に
透明スペーサー
初勝利、またはン年ぶりの勝利
透明スペーサー
スキー場のいろいろな金額3. おまけ編
 ワールドカップといろな金額の資料を集めてあります。
透明スペーサー
透明スペーサー

透明スペーサー

 アルペン小部屋menu   topページへジャンプ

 ギネスブック的な面白いネタの下書きはたくさん用意してあります。ご期待下さい。(2008/9/14)



兄弟、姉妹で1、2位を独占

◇1964年インスブルック五輪 ゴワシェル姉妹が金銀金銀4つ

 1964年インスブルック五輪・アルペン女子回転と大回転の2種目を、ゴワシェルの姉妹が優勝を争った。姉妹で金銀4つのメダルは今後も生まれない記録だろう。
クリスチーヌ・ゴワシェル(姉 Christine Goitschel 1944年6月9日)
 1964年第9回インスブルック冬季オリンピック・アルペン女子回転。クリスティーヌが金メダル、姉マリエルが銀メダル。
 大回転では逆にマリエル(妹 Marielle Goitschel 1945年9月28日)が金メダル、クリスティーヌが銀メダル。
 1つの五輪でゴワシェル姉妹が4つのメダル、それもすべて金か銀という素晴らしさ。

  ページtop  アルペン小部屋menu   topページへジャンプ


◇1984年サラエボ五輪1、2位 メーア双子兄弟

フィリップ・メーア (兄 Philip Mahre 1957年5月10日)
 ワールドカップ 通算27勝 (内7 GS, 9 SL, 11 K)
  このアメリカ人による最多勝利記録が破られるのは、実に彼の引退24年後の2008年、ボディ・ミラー(MILLER Bode)によってである。
 オリンピック 1980 Lake Placid SL/2位、K/1位、、1984 Sarajevo SL/1位
 80年の第13回レークプラシッド五輪の回転でフィル・メーアが銀メダルを獲得。
 さらに81〜83年までフィル・メーアは連続3年間W杯総合V。
 1984年第14回サラエボ五輪・アルペン男子回転で、金 P・メーア、銀 S・メーアが獲得。最後のシーズンになった。1984年引退。
スティーブ・メーア (弟 Steve Mahre 1957/05/10)
 世界選手権 1982 Schladming GS/1st
 オリンピック 1984 Sarajevo SL 2nd
 ワールドカップ 通算 9勝 (内2 GS, 6 SL, 1 K)
 84年1月のW杯の回転ではスティーブ・メーアが優勝したにもかかわらず、前代未聞のゼッケン取り違え事件で失格。1984年引退。

 歴代第1位ワールドカップで通算86勝というステンマルク。「ステンマルクに次ぐ2位は優勝と同じ価値がある」と言われた超天才と、時代を共にしたメーア兄弟の戦歴は見事なものである。

  ページtop  アルペン小部屋menu   topページへジャンプ


◇2005 ジュニア世界選手権の女子滑降でファンキーニ姉妹

ナディア、エレナのファンキーニ姉妹(イタリア)
 2005/02/23 ジュニア世界選手権の女子滑降で、妹ナディア(18歳)が優勝、姉エレナ(19歳)2位と姉妹でワンツー・フィニッシュ。

透明スペーサー

  ページtop  アルペン小部屋menu   topページへジャンプ


◇2014 WC 女子回転でマルリースと妹ベルナデッテ・シルト姉妹
    2014 姉シルト32歳200日優勝。WC女子SL最年長記録歴代1位

透明スペーサー
17-12-2013 Courchevel(クールシュベル) - FRA Women's Slalom
Rank Name + Surname Nat 1.Run 2.Run Total
 1位 Marlies Schild姉 AUT 51.91 53.26 1'45.17
 2位 Frida Hansdotter SWE 51.84 53.66 1'45.50 +0.33
 3位 Bernadette Schild妹 AUT 51.71 54.68 1'46.39 +1.22
 1本目は妹Bernadetteがラップ。3位姉とのタイム差は-0.20秒。当然2本目は最終ランナー。
 2本目に入り、27番目の走者・姉が見事な滑りでラップを出し、-1.43秒差のぶっちぎりでトップに立つ。29番目の走者・Hansdotterは及ばず、+0.33秒。そして最終ランナー・妹が滑り出すが、緊張のため脚が硬く、動かずメロメロの滑りで、遅れること+1.22秒も。しかし、幸い3位の入賞。 透明スペーサー
 姉Marliesは、このCourchevel(クールシュベル)スキー場ではSL3勝目。通算36勝目、SL34勝目。Marlies Schild優勝は、32歳200日。WC(女子)回転史上、最年長記録は2014/15終了時点でも歴代1位。(ちなみに男子・歴代1位は、マリオ・マットMario Matt AUT 34 ,09 months Val d'Isere 2013/14)
透明スペーサー
透明スペーサー

  ページtop  アルペン小部屋menu   topページへジャンプ


ワールドカップと年齢

◇最年長WC優勝の記録・各種目別(1970年来の男子歴代5位)  2015/10/05

最年長・優勝(1970→2015)男子歴代5位 女子     最年長・表彰台男子 女子
最年少・優勝(1970→2015)男子歴代5位 女子     最年少・表彰台男子 女子
Alpine Ski World Cup Men's Races
Age Stats 1970 → 2015春終わり
Oldest Winners - Downhill			
Racer	Age	Season	
Didier Cuche SUI	37 ,06 months	Kitzbuehel 2011/12	
Didier Cuche SUI	37 ,06 months	Garmisch 2011/12	
Didier Cuche SUI	37 ,04 months	Lake Louise 2011/12	
Didier Cuche SUI	36 ,06 months	Chamonix 2010/11	
Didier Cuche SUI	36 ,06 months	Kitzbuehel 2010/11	
			
Oldest Winners - Giant Slalom			
Racer	Age	Season	
Didier Cuche SUI	35 ,03 months	Soelden 2009/10	
Didier Cuche SUI	34 ,07 months	Sestriere 2008/09	
Lasse Kjus NOR	33 ,11 months	Beaver Creek 2004/05	
Michael von Gruenigen SUI	33 ,11 months	Yong Pyong 2002/03	
Michael von Gruenigen SUI	33 ,09 months	Val d'Isere 2002/03	
			
Oldest Winners - Combined			
Racer	Age	Season	
Ivica Kostelic CRO	33 ,03 months	Kitzbuehel 2012/13	
Guenther Mader AUT	32 ,07 months	Chamonix 1996/97	
Marc Girardelli LUX	32 ,07 months	Veysonnaz 1995/96	
Bode Miller USA	32 ,04 months	Wengen 2009/10	
Ivica Kostelic CRO	32 ,03 months	Sochi 2011/12	
			
Oldest Winners - Super G			
Racer	Age	Season	
Didier Cuche SUI	37 ,07 months	Crans Montana 2011/12	
Didier Cuche SUI	36 ,07 months	Kvitfjell 2010/11	
Didier Defago SUI	36 ,04 months	Kitzbuehel 2013/14	
Marco Buechel LIE	36 ,03 months	Kitzbuehel 2007/08	
Hermann Maier AUT	35 ,12 months	Lake Louise 2008/09	
			
Oldest Winners - Slalom			
Racer	Age	Season	
Mario Matt AUT	34 ,09 months	Val d'Isere 2013/14	
Finn Chr. Jagge NOR	33 ,09 months	Campiglio 1999/00	
Thomas Stangassinger AUT	33 ,06 months	Sierra Nevada 1998/99	
Ivica Kostelic CRO	33 ,04 months	Kranjska Gora 2012/13	
Thomas Stangassinger AUT	33 ,03 months	Aspen 1998/99	
Ole Kristian Furuseth NOR	33 ,03 months	Bormio 1999/00	

  ページtop  アルペン小部屋menu   topページへジャンプ


◇最年長WC優勝の記録・各種目別(1970年来の女子歴代5位)  2015/10/05

最年長・優勝(1970→2015)男子歴代5位 女子     最年長・表彰台男子 女子
最年少・優勝(1970→2015)男子歴代5位 女子     最年少・表彰台男子 女子
Alpine Ski World Cup Women's Races			
Age Stats 1970 → 2015春終わり			
Oldest Winners - Downhill			
Racer	Age	Season	
Elisabeth Goergl AUT	32 ,11 months	Altenmarkt 2013/14	
Michaela Dorfmeister AUT	32 ,10 months	St. Moritz 2005/06	
Michaela Dorfmeister AUT	31 ,10 months	Cortina 2004/05	
Michaela Dorfmeister AUT	31 ,10 months	Santa Caterina 2004/05	
Renate Goetschl AUT	31 ,08 months	Lenzerheide 2006/07	
Tina Maze SLO	31 ,08 months	Lake Louise 2014/15	
			
Oldest Winners - Giant Slalom			
Racer	Age	Season	
Anita Wachter AUT	32 ,11 months	Lienz 1999/00	
Anita Wachter AUT	32 ,01 months	Aare 1998/99	
Anita Wachter AUT	32 ,01 months	Sierra Nevada 1998/99	
Anita Wachter AUT	31 ,11 months	Semmering 1998/99	
Anita Wachter AUT	31 ,11 months	Maribor 1998/99	
			
Oldest Winners - Combined			
Racer	Age	Season	
Tina Maze SLO	29 ,10 months	Meribel 2012/13	
Tina Maze SLO	29 ,08 months	St. Moritz 2012/13	
Anita Wachter AUT	28 ,11 months	Sankt Anton 1995/96	
Anja Paerson SWE	28 ,10 months	St. Moritz 2009/10	
Tina Maze SLO	27 ,11 months	Tarvisio 2010/11	
			
Oldest Winners - Super G			
Racer	Age	Season	
Elisabeth Goergl AUT	33 ,10 months	Val d'Isere 2014/15	
Elisabeth Goergl AUT	32 ,12 months	Cortina 2013/14	
Michaela Dorfmeister AUT	32 ,12 months	Hafjell 2005/06	
Michaela Dorfmeister AUT	32 ,10 months	St. Moritz 2005/06	
Michaela Dorfmeister AUT	32 ,09 months	Val d'Isere 2005/06	
			
Oldest Winners - Slalom			
Racer	Age	Season	
Marlies Schild AUT	32 ,07 months	Courchevel 2013/14	
Marlies Schild AUT	32 ,07 months	Lienz 2013/14	
Tina Maze SLO	31 ,07 months	Levi 2014/15	
Nicole Hosp AUT	31 ,01 months	Aspen 2014/15	
Tanja Poutiainen FIN	30 ,10 months	Flachau 2010/11	

  ページtop  アルペン小部屋menu   topページへジャンプ


◇最年長WC表彰台の記録・各種目別(1970年来の男子歴代5位)  2015/10/05

最年長・優勝(1970→2015)男子歴代5位 女子     最年長・表彰台男子 女子
最年少・優勝(1970→2015)男子歴代5位 女子     最年少・表彰台男子 女子
Alpine Ski World Cup Men's Races
Age Stats 1970 → 2015春終わり
Oldest Podium - Downhill			
Racer	Pos	Age	Season
Marco Buechel LIE	3 Place	38 ,03 months	Wengen 2009/10
Didier Defago SUI	2 Place	37 ,06 months	Meribel 2014/15
Didier Cuche SUI	1 Place	37 ,06 months	Garmisch 2011/12
Didier Cuche SUI	3 Place	37 ,06 months	Chamonix 2011/12
Didier Cuche SUI	1 Place	37 ,06 months	Kitzbuehel 2011/12
			
Oldest Podium - Giant Slalom			
Racer	Pos	Age	Season
Fredrik Nyberg SWE	2 Place	36 ,12 months	Yong Pyong 2005/06
Benjamin Raich AUT	3 Place	36 ,12 months	Garmisch 2014/15
Fredrik Nyberg SWE	3 Place	36 ,12 months	Aare 2005/06
Fredrik Nyberg SWE	2 Place	36 ,10 months	Adelboden 2005/06
Bode Miller USA	2 Place	36 ,02 months	Beaver Creek 2013/14
			
Oldest Podium - Combined			
Racer	Pos	Age	Season
Ivica Kostelic CRO	3 Place	35 ,02 months	Wengen 2014/15
Kjetil Andre Aamodt NOR	2 Place	34 ,05 months	Wengen 2005/06
Bode Miller USA	3 Place	34 ,04 months	Wengen 2011/12
Ondrej Bank CZE	3 Place	34 ,03 months	Kitzbuehel 2014/15
Lasse Kjus NOR	2 Place	33 ,12 months	Wengen 2004/05
			
Oldest Podium - Super G			
Racer	Pos	Age	Season
Patrik Jaerbyn SWE	3 Place	39 ,09 months	Gardena 2008/09
Patrik Jaerbyn SWE	3 Place	37 ,08 months	Lake Louise 2006/07
Didier Cuche SUI	3 Place	37 ,07 months	Crans Montana 2011/12
Didier Cuche SUI	1 Place	37 ,07 months	Crans Montana 2011/12
Didier Cuche SUI	2 Place	37 ,04 months	Lake Louise 2011/12
			
Oldest Podium - Slalom			
Racer	Pos	Age	Season
Patrick Thaler ITA	3 Place	35 ,11 months	Kitzbuehel 2013/14
Patrick Thaler ITA	3 Place	35 ,09 months	Val d'Isere 2013/14
Mario Matt AUT	3 Place	34 ,12 months	Lenzerheide 2013/14
Mario Matt AUT	1 Place	34 ,09 months	Val d'Isere 2013/14
Mario Matt AUT	2 Place	34 ,08 months	Levi 2013/14

  ページtop  アルペン小部屋menu   topページへジャンプ


◇最年長WC表彰台の記録・各種目別(1970年来の女子歴代5位)  2015/10/05

最年長・優勝(1970→2015)男子歴代5位 女子     最年長・表彰台男子 女子
最年少・優勝(1970→2015)男子歴代5位 女子     最年少・表彰台男子 女子
Alpine Ski World Cup Women's Races			
Age Stats 1970 → 2015春終わり			
Oldest Podium - Downhill			
Racer	Pos	Age	Season
Elisabeth Goergl AUT	2 Place	34 ,01 months	Meribel 2014/15
Elisabeth Goergl AUT	2 Place	33 ,11 months	Cortina 2014/15
Elisabeth Goergl AUT	2 Place	33 ,10 months	Val d'Isere 2014/15
Renate Goetschl AUT	3 Place	33 ,08 months	Aare 2008/09
Daniela Merighetti ITA	3 Place	33 ,07 months	Cortina 2014/15
			
Oldest Podium - Giant Slalom			
Racer	Pos	Age	Season
Anita Wachter AUT	2 Place	33 ,01 months	Aare 1999/00
Anita Wachter AUT	3 Place	32 ,11 months	Maribor 1999/00
Anita Wachter AUT	1 Place	32 ,11 months	Lienz 1999/00
Anita Wachter AUT	2 Place	32 ,10 months	Serre Chevalier 1999/00
Anita Wachter AUT	3 Place	32 ,09 months	Tignes 1999/00
			
Oldest Podium - Combined			
Racer	Pos	Age	Season
Tina Maze SLO	2 Place	31 ,10 months	Bansko 2014/15
Vreni Schneider SUI	2 Place	30 ,04 months	Lenzerheide 1994/95
Elisabeth Goergl AUT	3 Place	30 ,01 months	Aare 2010/11
Anita Wachter AUT	3 Place	29 ,12 months	Laax 1996/97
Tina Maze SLO	1 Place	29 ,10 months	Meribel 2012/13
Elisabeth Goergl AUT	2 Place	29 ,10 months	Val d'Isere 2010/11
			
Oldest Podium - Super G			
Racer	Pos	Age	Season
Alexandra Meissnitzer AUT	3 Place	34 ,09 months	Bormio 2007/08
Elisabeth Goergl AUT	1 Place	33 ,10 months	Val d'Isere 2014/15
Michaela Dorfmeister AUT	1 Place	32 ,12 months	Hafjell 2005/06
Michaela Dorfmeister AUT	2 Place	32 ,12 months	Aare 2005/06
Elisabeth Goergl AUT	1 Place	32 ,12 months	Cortina 2013/14
			
Oldest Podium - Slalom			
Racer	Pos	Age	Season
Tanja Poutiainen FIN	3 Place	32 ,10 months	Flachau 2012/13
Marlies Schild AUT	3 Place	32 ,10 months	Lenzerheide 2013/14
Marlies Schild AUT	2 Place	32 ,09 months	Kranjska Gora 2013/14
Tanja Poutiainen FIN	2 Place	32 ,08 months	Levi 2012/13
Natasa Bokal SLO	2 Place	32 ,08 months	Lienz 1999/00

  ページtop  アルペン小部屋menu   topページへジャンプ


◇最年少WC優勝の記録・各種目別(1970年来の男子歴代5位)   2015/10/02

最年長・優勝(1970→2015)男子歴代5位 女子     最年長・表彰台男子 女子
最年少・優勝(1970→2015)男子歴代5位 女子     最年少・表彰台男子 女子
Youngest Winners - Downhill			
Racer	Age	Season	
Herbert Plank ITA	19 ,04 months	Val d'Isere 1973/74	
Ken Read CAN	20 ,01 months	Val d'Isere 1975/76	
Franz Klammer AUT	20 ,01 months	Schladming 1973/74	
Kristian Ghedina ITA	20 ,03 months	Cortina 1989/90	
Kristian Ghedina ITA	20 ,04 months	Aare 1989/90	
			
Youngest Winners - Giant Slalom			
Racer	Age	Season	
Piero Gros ITA	18 ,02 months	Val d'Isere 1972/73	
Gustav Thoeni ITA	18 ,10 months	Val d'Isere 1969/70	
Christian Orlainsky AUT	18 ,11 months	Ebnat Kappel 1980/81	
Ingemar Stenmark SWE	18 ,12 months	Sun Valley 1974/75	
Gustav Thoeni ITA	18 ,12 months	Campiglio 1969/70	
Ingemar Stenmark SWE	18 ,12 months	Whistler Mnt. 1974/75	
Gustav Thoeni ITA	18 ,12 months	Campiglio 1969/70	
Ingemar Stenmark SWE	18 ,12 months	Naeba 1974/75	
			
Youngest Winners - Combined			
Racer	Age	Season	
Pirmin Zurbriggen SUI	18 ,12 months	Wengen 1981/82	
Pirmin Zurbriggen SUI	19 ,11 months	Campiglio 1982/83	
Anton Steiner AUT	20 ,05 months	Kitzbuehel 1978/79	
Franz Heinzer SUI	20 ,09 months	Gardena 1982/83	
Pirmin Zurbriggen SUI	20 ,12 months	Garmisch 1983/84	
			
Youngest Winners - Super G			
Racer	Age	Season	
Kjetil Andre Aamodt NOR	20 ,07 months	Aspen 1991/92	
Michael Mair ITA	20 ,11 months	Campiglio 1982/83	
Pirmin Zurbriggen SUI	20 ,11 months	Gardena 1983/84	
Pirmin Zurbriggen SUI	21 ,02 months	Oppdal 1983/84	
Marc Girardelli LUX	21 ,06 months	Campiglio 1984/85	
			
Youngest Winners - Slalom			
Racer	Age	Season	
Piero Gros ITA	18 ,02 months	Campiglio 1972/73	
Leonardo David ITA	18 ,05 months	Oslo 1978/79	
Ingemar Stenmark SWE	18 ,09 months	Campiglio 1974/75	
Ingemar Stenmark SWE	18 ,10 months	Wengen 1974/75	
Gustav Thoeni ITA	18 ,11 months	Hindelang 1969/70	

  ページtop  アルペン小部屋menu   topページへジャンプ


◇最年少WC優勝の記録・各種目別(1970年来の女子歴代5位)  2015/10/02

最年長・優勝(1970→2015)男子歴代5位 女子     最年長・表彰台男子 女子
最年少・優勝(1970→2015)男子歴代5位 女子     最年少・表彰台男子 女子
Youngest Winners - Downhill			
Racer	Age	Season	
Sylvia Eder AUT	16 ,05 months	Badgastein 1981/82	
Elisabeth Kirchler AUT	17 ,04 months	Aspen 1980/81	
Doris De Agostini SUI	17 ,09 months	Badgastein 1975/76	
Michela Figini SUI	17 ,10 months	Megeve 1983/84
Annemarie Proell AUT	17 ,11 months	Sugarloaf 1970/71	
Annemarie Proell AUT	17 ,11 months	Sugarloaf 1970/71	
			
Youngest Winners - Giant Slalom			
Racer	Age	Season	
Betsy Clifford CAN	16 ,05 months	Gardena 1969/70	
Bernadette Zurbriggen SUI	16 ,07 months	Anchorage 1972/73	
Patricia Emonet FRA	16 ,08 months	Heavenly Valley 1972/73	
Kathy Kreiner CAN	16 ,09 months	Pfronten 1973/74	
Annemarie Proell AUT	16 ,10 months	Maribor 1969/70	
			
Youngest Winners - Combined			
Racer	Age	Season	
Janica Kostelic CRO	17 ,01 months	Sankt Anton 1998/99	
Michela Figini SUI	17 ,10 months	St. Gervais 1983/84	
Renate Goetschl AUT	18 ,05 months	Sankt Anton 1993/94	
Michela Figini SUI	18 ,10 months	Bad Kleinkirch. 1984/85	
Michela Figini SUI	18 ,12 months	Sunshine 1984/85	
			
Youngest Winners - Super G			
Racer	Age	Season	
Lara Gut SUI	17 ,08 months	St. Moritz 2008/09	
Alenka Dovzan SLO	17 ,12 months	Cortina 1993/94	
Hilde Gerg GER	18 ,04 months	Sierra Nevada 1993/94	
Katja Koren SLO	18 ,05 months	Flachau 1993/94	
Michela Figini SUI	18 ,10 months	Pfronten 1984/85	
			
Youngest Winners - Slalom			
Racer	Age	Season	
Christa Zechmeister GER	16 ,01 months	Val d'Isere 1973/74	
Christa Zechmeister GER	16 ,02 months	Les Gets 1973/74	
Christa Zechmeister GER	16 ,02 months	Badgastein 1973/74	
Christa Zechmeister GER	16 ,02 months	Les Diablerets 1973/74	
Pamela Behr GER	16 ,03 months	Val d'Isere 1972/73	

  ページtop  アルペン小部屋menu   topページへジャンプ


◇最年少WC表彰台の記録・各種目別(1970年来の男子歴代5位)  2015/10/02

最年長・優勝(1970→2015)男子歴代5位 女子     最年長・表彰台男子 女子
最年少・優勝(1970→2015)男子歴代5位 女子     最年少・表彰台男子 女子
Youngest Podium - Downhill			
Racer	Pos	Age	Season
Anton Steiner AUT	3 Place	17 ,04 months	Morzine 1975/76
Michael Veith GER	3 Place	17 ,11 months	Val d'Isere 1974/75
Michael Veith GER	2 Place	18 ,02 months	Jackson Hole 1974/75
Josef Walcher AUT	2 Place	18 ,03 months	St. Moritz 1972/73
Peter Wirnsberger AUT	3 Place	18 ,04 months	Garmisch 1976/77
			
Youngest Podium - Giant Slalom			
Racer	Pos	Age	Season
Joel Gaspoz SUI	3 Place	17 ,04 months	Adelboden 1979/80
Joel Gaspoz SUI	2 Place	17 ,06 months	Saalbach 1979/80
Joel Gaspoz SUI	3 Place	17 ,06 months	Cortina 1979/80
Ingemar Stenmark SWE	2 Place	17 ,12 months	Vysoke Tatry 1973/74
Ingemar Stenmark SWE	3 Place	17 ,12 months	Voss 1973/74
			
Youngest Podium - Combined			
Racer	Pos	Age	Season
Anton Steiner AUT	3 Place	18 ,04 months	Kitzbuehel 1976/77
Pirmin Zurbriggen SUI	1 Place	18 ,12 months	Wengen 1981/82
Herbert Renoth GER	3 Place	18 ,12 months	Sankt Anton 1980/81
Thomas Stangassinger AUT	2 Place	19 ,04 months	Campiglio 1984/85
Marc Girardelli LUX	3 Place	19 ,07 months	Markstein 1982/83
Marc Girardelli LUX	2 Place	19 ,07 months	Kitzbuehel 1982/83
			
Youngest Podium - Super G			
Racer	Pos	Age	Season
Brian Stemmle CAN	3 Place	18 ,05 months	Furano 1984/85
Pirmin Zurbriggen SUI	3 Place	19 ,11 months	Campiglio 1982/83
Pirmin Zurbriggen SUI	3 Place	19 ,11 months	Val d'Isere 1982/83
Pirmin Zurbriggen SUI	2 Place	20 ,01 months	Garmisch 1982/83
Francois Bourque CAN	3 Place	20 ,04 months	Garmisch 2004/05
			
Youngest Podium - Slalom			
Racer	Pos	Age	Season
Marc Girardelli LUX	2 Place	17 ,07 months	Wengen 1980/81
Christian Orlainsky AUT	3 Place	17 ,12 months	Chamonix 1979/80
Ingemar Stenmark SWE	2 Place	17 ,12 months	Voss 1973/74
Ingemar Stenmark SWE	2 Place	17 ,12 months	Vysoke Tatry 1973/74
Christian Orlainsky AUT	3 Place	18 ,01 months	Cortina 1979/80

  ページtop  アルペン小部屋menu   topページへジャンプ


◇最年少WC表彰台の記録・各種目別(1970年来の女子歴代5位)  2015/10/02

最年長・優勝(1970→2015)男子歴代5位 女子     最年長・表彰台男子 女子
最年少・優勝(1970→2015)男子歴代5位 女子     最年少・表彰台男子 女子
Youngest Podium - Downhill			
Racer	Pos	Age	Season
Annemarie Proell AUT	2 Place	15 ,10 months	St. Gervais 1968/69
Sylvia Eder AUT	3 Place	16 ,05 months	Badgastein 1981/82
Sylvia Eder AUT	1 Place	16 ,05 months	Badgastein 1981/82
Francoise Macchi FRA	3 Place	16 ,08 months	Abetone 1967/68
Lara Gut SUI	3 Place	16 ,10 months	St. Moritz 2007/08
			
Youngest Podium - Giant Slalom			
Racer	Pos	Age	Season
Jocelin Perillat FRA	3 Place	15 ,09 months	Oberstaufen 1970/71
Kathy Kreiner CAN	3 Place	15 ,11 months	Anchorage 1972/73
Hanni Wenzel LIE	3 Place	16 ,01 months	Saalbach 1972/73
Christa Zechmeister GER	3 Place	16 ,02 months	Grindelwald 1973/74
Betsy Clifford CAN	1 Place	16 ,05 months	Gardena 1969/70
			
Youngest Podium - Combined			
Racer	Pos	Age	Season
Janica Kostelic CRO	1 Place	17 ,01 months	Sankt Anton 1998/99
Michaela Gerg-Leitner GER	2 Place	17 ,03 months	Les Diablerets 1982/83
Sylvia Eder AUT	2 Place	17 ,05 months	Megeve 1982/83
Maria Walliser SUI	2 Place	17 ,09 months	Haus Im Ennstal 1980/81
Michela Figini SUI	1 Place	17 ,10 months	St. Gervais 1983/84
			
Youngest Podium - Super G			
Racer	Pos	Age	Season
Mateja Svet SLO	3 Place	17 ,04 months	Sestriere 1985/86
Lara Gut SUI	1 Place	17 ,08 months	St. Moritz 2008/09
Michela Figini SUI	2 Place	17 ,10 months	Puy St. Vincent 1983/84
Katja Seizinger GER	2 Place	17 ,10 months	Meribel 1989/90
Alenka Dovzan SLO	1 Place	17 ,12 months	Cortina 1993/94
			
Youngest Podium - Slalom			
Racer	Pos	Age	Season
Christa Zechmeister GER	3 Place	15 ,04 months	Heavenly Valley 1972/73
Pamela Behr GER	2 Place	15 ,06 months	Pra Loup 1971/72
Jocelin Perillat FRA	3 Place	15 ,09 months	Oberstaufen 1970/71
Christa Zechmeister GER	1 Place	16 ,01 months	Val d'Isere 1973/74
Christa Zechmeister GER	1 Place	16 ,02 months	Les Diablerets 1973/74
Christa Zechmeister GER	1 Place	16 ,02 months	Badgastein 1973/74
Tamara McKinney USA	3 Place	16 ,02 months	Piancavallo 1978/79
Christa Zechmeister GER	1 Place	16 ,02 months	Les Gets 1973/74

透明スペーサー

  ページtop  アルペン小部屋menu   topページへジャンプ


◇1976年14歳デビュー、16歳で銅、19歳でGS種目別優勝マッキニー

 タマラ・マッキニー(妹 McKINNEY, Tamara 1962年10月16日生まれ 160cm 58kg ※1991年引退 )
 14歳の少女がワールドカップにデビュー。78年、16歳の時、ピアンカバロ(ITA)の回転でいきなり3位に入り注目された。これは2015現在も歴代5位の、女子回転種目・最年少表彰台記録である。
 初優勝までは3年待ち19歳の時、80/81シーズンは大回転で3勝を上げ、種目別総合のタイトルを獲得した。
Olympic Games
1984 Sarajevo GS/4th.
World Cup - 18 w. (9 GS, 9 SL)
透明スペーサー

  ページtop  アルペン小部屋menu   topページへジャンプ


◇1993年17歳でワールドカップ初勝利 レナーテ・ゲッチル(AUT)

 GOETSCHL Renate  1975年8月6日 Obdach(AUT)生まれ 身長 164cm 体重 60kg
 1993年に17歳でワールドカップ初勝利(Lillehammer 93.SL)
 2004シーズンは総合2位、滑降とスーパーGの種目別総合タイトルを獲得した。高速系を得意とする女子レーサーである。
World Cup - 46 w. ( 24 DH, 17 SG, 1 SL, 4 K)  '07までに上げた戦績は、歴代3位の勝利数。
 '08および '09シーズンでは、2位(08-03-2008 Crans-Montana Downhill)はあるが、残念ながら勝利は無かったようだ。
World Cup Ranking
General(総合)
 1993/57th, 1994/15th, 1995/14th, 1996/10th, 1997/8th, 1998/7th,  1999/3rd, 2000/1st, 2001/2nd, 2002/2nd, 2003/7th, 2004/2nd, 2005/3rd,  2006/10th, 2007/4th,
Special(種目別優勝)
 1997 DH/1st,  1999 DH/1st,  2000  SG/1st, 2002  K/1st,
 2003   DH/1st, SG/1st. 2005 DH/1st,  2007 DH/1st, SG/1st 
Olympic Games
 1994 Lillehammer K/4th.
 1998 Nagano SG/5th.
 2002 Salt Lake City DH/3rd, K/2nd, SG/8th.
 2006.2 Torino. DH/4th.

 現在は閉鎖サイト ski-and-ski/work/Biography/Bio-W_Goetschl.htm レナーテ・ゲッチルAUT (写真家・木村之与さんのski-and-ski)より
 現在は閉鎖サイト ski-and-ski/work/Biography/Bio-W_Goetschl.htm Renate Gotschl (写真家・木村之与さんのski-and-ski)より
透明スペーサー
 これによると、男子では優勝も、入賞も該当者無し。女子の優勝・16歳では複合、SGには勝利者はなく、他のDownhillでは1名、Giant Slalomでは5名、では名、Slalomでは7名の名前が載っています。
Youngest Winners - Downhill Racer Age Season
 Sylvia Eder AUT 【 16歳 ,05 months】 Badgastein 1981/82
Youngest Winners - Giant Slalom Racer Age Season
 Betsy Clifford CAN 【 16歳 ,05 months】 Gardena 1969/70
 Bernadette Zurbriggen SUI 【 16歳 ,07 months】 Anchorage 1972/73
 Patricia Emonet FRA 【 16歳 ,08 months】 Heavenly Valley 1972/73
 Kathy Kreiner CAN 【 16歳 ,09 months】 Pfronten 1973/74
 Annemarie Proell AUT 【 16歳 ,10 months】 Maribor 1969/70
Youngest Winners - Slalom Racer Age Season
 Pamela Behr GER 【 16歳 ,04 months】 Val d'Isere 1972/73
 Patricia Emonet FRA 【 16歳 ,06 months】 Maribor 1972/73
 Perrine Pelen FRA 【 16歳 ,07 months】 Crans Montana 1976/77
 Perrine Pelen FRA 【 16歳 ,07 months】 Megeve 1976/77
 Patricia Emonet FRA 【 16歳 ,08 months】 Mont St. Anne 1972/73
 Patricia Emonet FRA 【 16歳 ,08 months】 Heavenly Valley 1972/73
 Christa Zechmeister GER 【 16歳 ,08 months】 Val d'Isere 1973/74
 何と恐ろしいことに、女子の入賞では15歳が滑降とSGに登場します。
Youngest Podium - Downhill Racer Pos Age Season
 Annemarie Proell AUT 2 Place 【15歳 ,10 months】 St. Gervais 1968/69
Youngest Podium - Giant Slalom 【Racer Pos Age Season
 Jocelin Perillat FRA 3 Place 【15歳 ,09 months】 Oberstaufen 1970/71
 Kathy Kreiner CAN 3 Place 【15歳 ,11 months】 Anchorage 1972/73

  ページtop  アルペン小部屋menu   topページへジャンプ


1984年、サラエボ五輪ミケーラ・フィジーニ女子滑降で史上最年少の17歳10ヶ月で金メダル

 ミケーラ・フィジーニ (FIGINI Michaera SUI)
 1966年4月7日 Prato/Leventina(SUI)生まれ
 ※1990年引退
World Cup Ranking
General
1983/26th, 1984/5th, 1985/1st, 1986/6th, 1987/5th, 1988/1st,
1989/3rd.
Olympic games
1984 Sarajevo DH/1st.
1988 Calgary DH/9th, SG/2nd.
Shiga-Kogen 89 Downhill Overall Champion
World Cup - 25 w. (16 DH, 3 SG, 2 GS, 4 K)
 ミケーラ・フィジーニは1984年、サラエボ・オリンピックの女子滑降で史上最年少の17歳10ヶ月で金メダルを獲得した。
 以来1990年5月3日スイススキー連盟に引退通達を突きつけるまで7年間のレーサー生活で、ワールドカップ25勝、オリンピックの金メダル1、世界選手権の金メダル1(85年ボルミオ・滑降)、ワールドカップの総合優勝2回(85、88年)、種目別優勝5回(DH)と華々しい成果を残した。
透明スペーサー
 ワールドカップ25勝は、2010.5現在も歴代10位である。
 さらに2015現在も、次のような最年少WC種目別、優勝・入賞の歴代記録も持っている。
Youngest Winners - Downhill			
Racer	Age	Season	
3位 Michela Figini SUI	17 ,10 months	Megeve 1983/84	
			
Youngest Winners - Combined			
Racer	Age	Season	
2位 Michela Figini SUI	17 ,10 months	St. Gervais 1983/84	
4位 Michela Figini SUI	18 ,10 months	Bad Kleinkirch. 1984/85	
5位 Michela Figini SUI	18 ,12 months	Sunshine 1984/85	
			
Youngest Winners - Super G			
Racer	Age	Season	
5位 Michela Figini SUI	18 ,10 months	Pfronten 1984/85	
			
Youngest Podium - Combined			
Racer	Pos	Age	Season
5位 Michela Figini SUI	1 Place	17 ,10 months	St. Gervais 1983/84
			
Youngest Podium - Super G			
Racer	Pos	Age	Season
3位 Michela Figini SUI	2 Place	17 ,10 months	Puy St. Vincent 1983/84
詳しくは

  ページtop  アルペン小部屋menu   topページへジャンプ


◇1998年17歳でワールドカップ初勝利 アニア・パーション(SWE)

 アニア・パーション(PAERSON Anja スエーデン)
 1981年4月25日 Taernaby(SWE)生まれ 172cm / 69kg
 1998/99シーズンからワールドカップに参戦。その98年12月3日、マンモス・マウンテン(USA)のスラロームで、ワールドカップ2戦目にして初優勝を上げた。17歳だった。その後順調に成績を上げ、最終戦のシエラ・ネバダでは1本目ベストタイムをマークしていたが、2本目がキャンセルになり、初年度にして種目別スラローム総合初優勝のチャンスを逃した。
 ワールドカップ2戦目にして初優勝の17歳は、女子・種目別の最年少記録外だった。しかしSt. Moritz 2009/10での勝利が28歳10ヶ月。これは女子コンバイン種目・最年長優勝記録4位である。(2015現在も)
◇ アルペンスキーで世界選手権の史上初の5種目制覇
 2007年2月、自国のオーレで開催されたアルペン世界選手権では滑降、スーパーG、スーパー・コンビの3種目で金メダル、回転で銅メダルを獲得した。これで世界選手権では全種目で金メダルを獲得したことになる。

詳しくは

  ページtop  アルペン小部屋menu   topページへジャンプ


◇2006年34歳5ヵ月のオーモット、男子スーパー大回転、連覇、五輪3度目V

◇チェーテイルアンドレ・オーモット(Kjetil Andre Aamodt -ノルウェー 1971年9月2日生まれ)
 ※2007年1月6日引退を発表
 1990年世界ジュニア選手権で、滑降、スーパー大回転、複合の3冠を獲得し、同年ワールドカップデビュー。
 1991年、ザールバッハ世界選手権(AUT)で、スーパー大回転2位で期待された。とこが、その後は病気で低迷。アルベールビルオリンピック(1992年2月、フランス)の3ヶ月前まで入院し、体重は11kgも激減。その2ヵ月後にトレーニングに復帰し、その6週間後にオリンピックのスーパー大回転で優勝。
2006第20回トリノオリンピック
 時速100`を超えるスピードの中で、旗門をなぎ倒して優勝。34歳の大ベテラン、オーモットが1992年アルベールビル、2002年ソルトレークシティーに続き、2006第20回トリノと、スーパー大回転で3個目の金メダルを獲得した。
 34歳5ヵ月での優勝は、男子SG オリンピックの最年長勝利記録であろう?
 ソルトレーク時(2002)は「さすがオーモット」。2006第20回トリノでは「またオーモット」だ。2003年に右足首を骨折、W杯では3年前から優勝がなかった。大舞台にはめっぽう強い。五輪と世界選手権の通算獲得メダルは21個となった。
Olympic Games
 1992 Albertvill SG/1st, GS/3rd, DH/26th
 1994 Lillehammer DH/2nd, K/2nd, SG/3rd, GS/12th
 1998 Nagano DH/13th, SG/5th.
 2002 Salt Lake City DH/4th, K/1st, SG/1st, GS/7th, SL/7th.
 2006.2 Torino. DH/4th, K/DNS, SG/1st,
World Cup- 21 w. (1 DH, 6 GS, 5 SG, 1 SL, 8 K)

  ページtop  アルペン小部屋menu   topページへジャンプ


◇2008年35歳11ヵ月で、3季ぶり優勝で通算54勝のマイアー復活か?

 MAIER Hermann (AUT) 1972年12月7日. Flachau(AUT)生まれ身長 181cm 体重 89kg
 復活といえば、ヘルマン・マイアー(オーストリア)。アルペンスキーのワールドカップ(W杯)2008年11月30日、カナダのレークルイーズ・男子スーパー大回転第1戦で優勝。35歳と11ヵ月で、3シーズンぶり優勝で通算54勝。
 35歳11ヵ月での優勝は、WC男子SG 最年長勝利記録である。(全種目を通しては最年長記録2位。)
 2009今現在の最年長V記録は、「2008年36歳ワールドカップ勝利の最年長記録マルコ・ビュッフェル(LIE)」36歳2ヶ月と14日 男子DH および全種目 )だが、マイヤーは、来週36歳になる大ベテラン。→2015現在、SGではマルコの記録は歴代4位、ヘルマンは5位。


 2001年の春、マイヤーは、ソルトレークシティー五輪を引退の花道にしようと考えていた。しかし同年8月、オートバイで移動中に時速80`で車と衝突。ひざが砕ける右下腿骨開放性複雑骨折の重傷を負った。即ヘリコプターでザルツブルグの救急病院に運ばれ、7時間に及ぶ手術を受け、当分の間スキーは不可能という見通しだ。脚切断の危機に直面した。
 しかし驚異的な回復をみせ、4カ月後にはスキーを履いてゲレンデに立った。足にはまひが残り、ソルトレークシティー五輪は断念。
 今年(2008年)9月には椎間板を痛め、約2カ月間、満足な練習ができなかった。この日も背中の痛みを抱えての滑走だった。
 そのマイアーの、3季ぶり、通算54勝めの優勝である。


 昨シーズンまでは並みの選手なら評価される辺りで活躍はしたが、あのマイヤーとしてはイマイチだった。これから常勝は無理ではあるが、今シーズンは何度か優勝するのではないかと期待したい。


(2008.12.1 WC男子スーパーG第1戦レークルイーズ(カナダ)で、ヘルマンマイヤー(AUT)が優勝した。久しぶりの優勝であり、マテリアルチェンジ後初の優勝である。あと6日で36歳になるという35歳での優勝は、最年長記録2位である。)
 2009年引退。
 10月13日、オリンピックシーズンを前に引退を発表。2009年3月12日オーレ最終戦のSGが、36歳マイヤー最後のレースになった。

  ページtop  アルペン小部屋menu   topページへジャンプ


◇2008年36歳ワールドカップ勝利の最年長記録マルコ・ビュッフェル(LIE)

 マルコ・ビュッフェル(ブーシェル、ビューヒェルとも記される)(BUECHEL Marco -LIE )
 アルペンスキー(複合、滑降、大回転、スーパーG)
 1971年11月4日 Balzers(LIE)生まれ 身長 187cm 体重 87kg
 2008年1月18日キッツビュールのスーパーGは、リヒテンシュタインの大ベテラン、36歳のマルコが優勝。ワールドカップ勝利の最年長記録更新(36歳2ヶ月と14日 男子DH および全種目 )。
 これは前'07シーズンのLake Louise(CAN ・2006年11月25日)男子滑降レース第1戦に優勝し、創った最年長記録35歳と21日を、36歳のマルコ自身が塗り替えた偉業である。
 2006/07初戦のレーク・ルイーズ(CAN)2006年11月25日男子ダウンヒル第1戦で勝利は、35歳になったばかりで、ステファン・エバハルター(AUT)の34歳11ヶ月と12日('04 Kvitfjell NOR ・DH)の記録を抜いて、最高齢での優勝レコードを達成している。
  →2015現在、マルコはSG最年長優勝では歴代記録4位、DH最年長表彰台では歴代記録1位。
'08シーズンの詳細
 '08男子ワールドカップ 19位 466ポイント 15試合 勝利1 表彰台2
'08 ジャイアントスラローム 46位 18ポイント 2試合 0 0
 '08 ダウンヒル 10位 218ポイント 7試合 0 0
 '08 スーパーG 7 位 230ポイント 6試合 勝利1 表彰台2



 '10シーズンの最高レースは、ウェンゲンの3位。この時優勝は23歳カルロ・ヤンカ、3位の38歳マルコ・ビュッヘル。その年齢差、何と15歳。不確かではあるが、ギネスレコードの可能性大である。

◇引退
 2010年 03月 11日 ガルミッシュ WC最終戦で38才の引退。20年間の最終レースは、ダークスーツにネクタイを締め、下は白い短パンツで滑った。

  ページtop  アルペン小部屋menu   topページへジャンプ


◇12年ぶりに復活、転倒し、昏睡後、41歳が再復活宣言

ビル・ジョンソン(JOHNSON, Bill  USA)
 1960年3月30日 Van Nuys,Ca.(USA)生まれ
Olympic Games
 1984 Sarajevo DH/1st
World Cup - 3 w. (3 DH)
1988年シーズンを最後に引退
 ビル・ジョンソンは2000年突然カムバックし、ノル・アム(Nor-Am)シリーズに参戦を始めた。2002年のソルト・レーク五輪にアメリカ滑降チームとして参加したいというのがその理由である。
 だが2001年3月22日、モンタナ州のビッグ・マウンテンで行なわれた滑降レースで転倒し、頭部を強く打って生死の境をさまよった。しばらくは昏睡状態にあり、生命維持装置により生存、というほど。
 昏睡状態から脱し、ビル・ジョンソン(41歳)は入院先で記者会見を開き「I want to ski, I will ski again.」と語った。懲りない男である。

  ページtop  アルペン小部屋menu   topページへジャンプ


◇2008年キッツビュールのスーパーG、1、2、3位の合計年齢は104歳チーム

 2008年1月18日キッツビュールのスーパーG
  マルコ・ビュッヘル(LIE) 優勝 <71.11.4生/36歳>
  ヘルマン・マイヤー(AUT) 2位 <72.12.7生/35歳>
  ディディエ・キュシュ(SUI) 3位 <74.8.16生/33歳>
 このときの優勝者は、ワールドカップ勝利の最年長記録、36歳になるマルコ。ワールドカップ勝利の最年長記録更新。


◇1位のマルコ・ビュッヘル(LIE) については、すぐ前で詳しく紹介してあります。
◇2位は国民的大スター健在、ヘルマン・マイヤー(AUT)
 しかしこの翌日の新聞1面のトップには、2位のヘルマンの写真が大きく飾られていた。ラジオもテレビも優勝以上の取り上げていた。国民的大スター健在。
 '07も'08も、多くの種目で、かつ多くの試合で、トップグループに残り活躍はしているヘルマン。しかし年齢もあり(36歳?)、かってのようなダントツの第一人者ではなくなっている。
 それでも、あるいは、だから自国民ヘルマンの2位入賞を、マスコミも国民も大騒ぎして喜んだのである。
◇3位は、ゴールで脱いだ片方のスキーを空中に蹴り上げ、クルルン・パッと回転させて受け止める妙技を持つ名物男
 このときの3位は、'08種目別滑降レースで総合優勝のディディエ・キューシュ。大回転については、この後の最終戦であり得ない大逆転でクリスタルトロフィーを逃がしている、スターである。


 この3名ともがHEADチーム。そして3名の合計年齢は104歳。これもWC史上初の記録となり、ハーネンカム(Hahnenkamm)伝説として語り継がれていくことだろう。
( htm-sports.co.jp/event_news/080119_より)

  ページtop  アルペン小部屋menu   topページへジャンプ


◇2007バルガルディナの男子スーパーG第3戦も、1、2、3位のHEADチーム


◇ これは年齢とは関係ありませんが、
2008年キッツビュールのスーパーG、1、2、3位の合計年齢は104歳チーム」と同じヘッド・チームの快挙です。ということで、オマケ記事。

スーパーG、1、2、3位のHEADチーム
2007年12月14日バルガルディナの男子スーパーG第3戦
 優勝ディディエ・キュシュ、2位ボディー・ミラー、3位マルコ・ビュッフェル(LIE)
 これもヘッドスキーの1、2、3位。

  ページtop  アルペン小部屋menu   topページへジャンプ



◇2015年42歳レジェンド葛西、ジャンプ最年長記録を再更新

透明スペーサー
 2015年3月15日、ノルウェーのオスロで行われたノルディックスキーのワールドカップ(W杯)個人第29戦(HS=134メートル)。
 レジェンドと称えられている葛西紀明(土屋ホーム)が2位に入った。表彰台に上がるのは今季6度目で、自身が持つ最年長記録を42歳9カ月(=282日)に更新した。
 まだしばらくは、記録更新を期待できるだろう。
透明スペーサー
葛西 紀明 (かさい のりあき)
生年月日 1972.6.6
身長 176cm 体重59kg
出身地 北海道上川郡下川町
透明スペーサー
 ◇「スキージャンプの葛西紀明選手(41)は、ギネス世界記録の三冠王(ギネス記録2014)」の記事があります。

  ページtop  アルペン小部屋menu   topページへジャンプ



◇2012最年長優勝37歳キュシュの大記録、引退後も未だ破られず  2015/10/07

透明スペーサー
 ディディエ・キュシュ(Didier Cuche 1974年8月16日生まれ・スイス)。専門は滑降とスーパー大回転の高速系だが、技術系の大回転で好成績を残している。
 ワールドカップDH12勝、GS 3勝、スーパーG 6勝、計21勝。
 2011/2012年で引退する37歳のシーズンも、4勝、通算21勝目を挙げた。
透明スペーサー
 そして引退から丸3年たつ今2015現在でも、ディディエ・キュシュの大記録は未だ輝いている。最年長記録の優勝・表彰台は次の通りだ。
 ワールドカップ最年長記録のDH37歳06ヶ月(Kitzbuehel 2011/12)も、大回転35歳03ヶ月(Soelden 2009/10)も、スーパーG37歳07ヶ月(Crans Montana 2011/12)も、この3種目のタイトルホルダーは、いまだキューシュなのである。
透明スペーサー
 キュシュの持つこの記録がより凄いのは、高速系だけでなく、より肉体的にハードな技術系の大回転でも、35歳03ヶ月で優勝を果たしていることだ。今2015でもこの種目は破られず、キュシュが歴代1位〜2位記録を独占している。
透明スペーサー
◇最年長WC優勝の記録・各種目別(1970年来の男子歴代5位)
Alpine Ski World Cup Men's Races
Age Stats 1970 → 2015春終わり
Oldest Winners - Downhill			
Racer	Age	Season	
Didier Cuche SUI	37 ,06 months	Kitzbuehel 2011/12	
Didier Cuche SUI	37 ,06 months	Garmisch 2011/12	
Didier Cuche SUI	37 ,04 months	Lake Louise 2011/12	
Didier Cuche SUI	36 ,06 months	Chamonix 2010/11	
Didier Cuche SUI	36 ,06 months	Kitzbuehel 2010/11	
 1位〜5位記録独占
			
Oldest Winners - Giant Slalom			
Racer	Age	Season	
Didier Cuche SUI	35 ,03 months	Soelden 2009/10	
Didier Cuche SUI	34 ,07 months	Sestriere 2008/09	
 1位〜2位記録独占
			
Oldest Winners - Super G			
Racer	Age	Season	
Didier Cuche SUI	37 ,07 months	Crans Montana 2011/12	
Didier Cuche SUI	36 ,07 months	Kvitfjell 2010/11	
 1位〜2位記録独占

◇最年長WC表彰台の記録・各種目別(1970年来の男子歴代5位)
Alpine Ski World Cup Men's Races
Age Stats 1970 → 2015春終わり
Oldest Podium - Downhill			
Racer	Pos	Age	Season
Didier Cuche SUI	1 Place	37 ,06 months	Garmisch 2011/12
Didier Cuche SUI	3 Place	37 ,06 months	Chamonix 2011/12
Didier Cuche SUI	1 Place	37 ,06 months	Kitzbuehel 2011/12
 3位〜5位記録
			
Oldest Podium - Super G			
Racer	Pos	Age	Season
Didier Cuche SUI	3 Place	37 ,07 months	Crans Montana 2011/12
Didier Cuche SUI	1 Place	37 ,07 months	Crans Montana 2011/12
Didier Cuche SUI	2 Place	37 ,04 months	Lake Louise 2011/12
 3位〜5位記録
透明スペーサー

  ページtop  アルペン小部屋menu   topページへジャンプ



◇2013年マリオ・マットがSL優勝最年長記録34歳250日

透明スペーサー
 マリオ・マット( Mario Matt AUT)09/04/1979 生まれ。
15-12-2013 Val d'Isere [VAL] - FRA Men's Slalom
 Rank Name + Surname Nat 1.Run 2.Run Total Diff. Skis
 1位 Mario Matt AUT 51.52 53.07 1'44.59 Blizzard
 2 Mattias Hargin SWE 52.32 52.8 1'45.12 0.53 Nordica
 3 Patrick Thaler ITA 51.84 53.53 1'45.37 0.78 Fischer
 (2013/12/15)のバルディゼール(仏)SLでは、SL神サマ・ヒルシャーが1本目でミスして、勝利を逃がす。マリオ・マット( Mario Matt AUT)が優勝。
 2011年3月クラニスカグラ(スロベニア)以来の久々の勝利。もうマットの復活は無いのか?と危惧されていたが、これでSL 14勝になる。(それに加えてK 1勝で、TOT 15勝)
透明スペーサー
 優勝したマット(09/04/1979生まれ)は、34歳250日というSL優勝最年長記録。(2015現在も)
透明スペーサー
 Sochi 2014年オリンピックでも、SL 優勝。マット34歳と319日での金メダル。これは2006第20回トリノSG優勝のオーモット(Kjetil Andre Aamodt NOR)が持つ、最年長五輪メダル記録(34歳と5ヵ月)を抜く。
透明スペーサー
 14/15シーズン終了後引退したマットは、ワールドカップで計15勝。内SL14勝は、ライヒ(Benjamin Raich 28/02/1978)と並ぶオーストリアでのSL最多勝利でもある。
透明スペーサー
 数々の大記録の持ち主マット。高い腰の位置、上体を強くまっすぐに被せた、独特のフォームは、他に似ている滑りは無い。今後、見ることが出来なくなったのは、一ファンとして管理人はたいへんに残念である。
Mario Matt Overall World Cup Position
99/00: 23. 00/01: 17. 01/02: 29. 02/03: 91. 03/04: 23. 04/05: 29. 05/06: 36. 06/07: 5. 07/08: 10. 08/09: 29. 09/10: 81. 10/11: 20. 11/12: 28. 12/13: 21. 13/14: 27. 14/15: 96.
透明スペーサー

  ページtop  アルペン小部屋menu   topページへジャンプ


ワールドカップ総合優勝 クリスタルトロフィーを何度も手中に

◇ウェンツェル姉弟は同一年度に総合優勝、かつ姉ハンニは2回総合優勝

 1979/80シーズン、姉弟でワールドカップの総合優勝を果たしたアンドレアスとハンニリヒテンシュタイン)。ワールドカップの歴史の中で、男女ともに姉弟が総合優勝を飾ったのは唯一、という快挙である。
 弟アンドレアス・、ワールドカップ 通算 14勝 (内、SG1勝、GS3勝、SL4勝、K6勝)
 姉ハンニ・ウエンツェル、通算 33勝。かつ、1977/78シーズンと1979/80シーズンの2回総合優勝を果たした。
ハンニ・ウエンツェル(姉 WENZEL Hanni 1956年12月14日生まれ)
 ワールドカップ 通算 33勝 (内、 DH2勝、SL10勝、GS12勝、K9勝 )  ちなみに引退22年後の06/07終了時点でも、歴代6位の勝利数。
 1977/78シーズンと1979/80シーズンの2回総合優勝を果たした。

  ページtop  アルペン小部屋menu   topページへジャンプ


◇総合優勝を3度飾る快挙ヤニツァ・コステリッチ

 ヤニツァ・コステリッチ(Janica Kostelic1982年1月5日生まれ 174cm 64kg)
 オリンピック
  2002 ソルトレイク(USA) K/1位、GS/1位、SL/1位、SG/2位
  2006 第20回トリノ(ITA) K/1位、 SG/2位、SL/4位、 五輪アルペンスキー史上女性初となる4冠を達成。
  2回の五輪で合計4個の金メダル、2個の銀メダルは、五輪アルペンスキー史上女性最多のメダル獲得数。
 ワールドカップ 通算30勝 (内、1 DH, 1 SG, 20 SL, 2 GS, 6 K)  ちなみに06/07終了時点でも、第8位
 ワールドカップでは00/01、02/03シーズン、05/06シーズンと総合優勝を3度飾る快挙。
 オリンピックのアルペンスキー史上、女性で初の4冠を達成、および最多のメダル獲得数という、今後書き換えられることのないような素晴らしい成績を残している。

  ページtop  アルペン小部屋menu   topページへジャンプ


◇インゲマル・ステンマルク総合優勝を3度、引退20年後でも歴代1位

 インゲマル・ステンマルク(Ingemar Stenmark、ウェーデン )総合優勝を3度
 1976/1st, 1977/1st, 1978/1stと3年連続のクリスタルトロフィー獲得の偉業。不出生の天才スラローマー。1989年3月 志賀高原を最後に引退。
 ワールドカップ通算86勝(回転 40勝、大回転46勝)は、歴代第1位である。
 ちなみに引退20年後の08/09終了時点でも、ぶっちぎりの歴代1位。第2位のヘルマン・マイアーが54勝、32勝もの大差をつけている。

 普通ならワールドカップで数勝すれば、それだけでも天才と呼ばれても良いだろう。しかしトニー・ザイラー、ジャンクロード・キリー、そしてこのステンマルクの3名は、天才の中の天才である。今までのアルペンレーサーの中で、ベスト3に選ばれるのではないだろうか。
 それとステンマルクの優雅なテクニック。舞うように丸い弧をつなげていく滑りを見ながら、当HP管理人はため息をつきながら、憧れたものである。

◇本来なら 4年連続のクリスタルトロフィーであった。
 シーズン総合優勝、1976/1st, 1977/1st, 1978/1st, 3年連続優勝。
 続く1979/5th,だが、この年ステンマルクを勝たさないために総合タイトルのルールが変更、13勝を挙げた彼が5位で、優勝は3勝だけのPeter Luescher( SUI)。
 本来なら 4年連続のクリスタルトロフィーであった。(かつそのすぐに総合2位が1980/2nd, 1981/2nd, 1982/2nd, 1983/2nd,と5年も続くのだから、半端な強さではない。)

  ページtop  アルペン小部屋menu   topページへジャンプ


◇81〜83年までフィル・メーアは連続3年間W杯総合V

フィリップ・メーア (兄 Philip Mahre 1957年5月10日)
 ワールドカップ 通算27勝 (内7 GS, 9 SL, 11 K)
 オリンピック 1980 Lake Placid SL/2位、K/1位、、1984 Sarajevo SL/1位
 80年の第13回レークプラシッド五輪の回転でフィル・メーアが銀メダルを獲得。
 さらに81〜83年までフィル・メーアは連続3年間W杯総合V。1984年引退。
 フィル・メーアが持つ通算27勝(内GS7、 SL 9、K11勝)というアメリカ人による最多勝利記録が破られるのは、実に彼の引退24年後の2008年、ボディ・ミラー(MILLER Bode)によってである。

 テクニック系を得意としたが、滑降にも出場するオールラウンダーであった。
 歴代第1位ワールドカップで通算86勝というステンマルク。「ステンマルクに次ぐ2位は優勝と同じ価値がある」と言われた超天才と、時代を共にしたメーア兄弟の戦歴は見事なものである。 透明スペーサー

  ページtop  アルペン小部屋menu   topページへジャンプ


初勝利、またはン年ぶりの勝利

◇4年、5年、7年ぶりの勝利、史上最速男・皇帝クラマー

 ワールドカップ通算26勝のうち25勝が滑降種目のフランツ・クラマー(KLAMMER Franz AUT 1953年12月3日 生まれ 1984年引退)。
 誰もが風圧を減らしてきれいにまとめようとするジャンプ中の姿勢を、最速ゆえに、暴れ馬に乗っているようなバラバラ姿勢でかっ飛んでいくことも多かった。
 彼を越えたダウンヒラーはいまだに存在しない。世界の滑降コースのコースレコードを次々と塗り替え、勝ち進んだ。オーストリア国民から「カイザー(皇帝)」と呼ばれる国民的英雄であった。
◇4年ぶり
 ワールドカップでの優勝といえば'78バルチゼール(フランス)の滑降を最後に、4シーズンは大スランプ。そして'82年に同じバルチゼールの滑降で4年ぶりの優勝。
◇5年ぶり
 ワールドカップ種目別の総合チャンピオンでは、75年から78年まで連続4年間滑降のタイトルを獲得。そして1983年に5年ぶりに復活し5度めの滑降のタイトルを獲得。
◇7年ぶり
 世界でもっともテクニカルで難しい滑降コースと言われている、ハーネンカム(Hahnenkamm)大会のダウンヒルでは、通算4勝の最多優勝記録をもっている。'75年から'77年まで3年間連勝優勝。更に7年後の'84年に、このコース4勝目を上げた。
透明スペーサー

  ページtop  アルペン小部屋menu   topページへジャンプ


◇4年ぶり、7年ぶりの勝利ラッセ・チュース

ラッセ・チュース(またはシュース)(KJUS Lasse 1971年1月14日 (NOR)生まれ)
 98年の長野五輪では同日に行われた滑降と複合で銀メダル。1日で2つのメダル獲得は五輪史上初の快挙だった。
 ちなみに2002 ソルトレークシティー五輪でも滑降で銀メダル、大回転で銅メダルを獲得した。


 2004年、男子スーパーG第3戦、バル・ガルデナで優勝。1999年、シエラ・ネバダの滑降で勝って以来4年ぶりの勝利を上げた。
 同じスーパーGの勝利となると、'96年のヴェイル以来の7年ぶりである。
Olympic Games
 1994 Lillehammer DH/18th, GS/7th, SG/12th, K/1st.
 1998 Nagano DH/2nd, GS/8th, SG/9th, K/2nd.
 2002 Salt Lake City DH/2nd, GS/3rd, K/5th
 2006.2 Torino. DH/14th, SG/14th, GS/28th, K/DNF.
World Cup - 18 w. (10 DH, 2 SG, 2 GS, 4 K)
2006年 引退
 現在は閉鎖サイト ski-and-ski/work/Biography/Bio-M_Kjus.htm M_Kjus (写真家・木村之与さんのski-and-ski)より
透明スペーサー

  ページtop  アルペン小部屋menu   topページへジャンプ


◇伏兵にやられて、6シーズンぶりの優勝アレキサンドラ・マイスニッツァー

アレキサンドラ・マイスニッツァー(MEISSNITZER Alexandra・女子 1973年6月18日生まれ AUT)
 02/03_ParkCity_女子GSで優勝を逃がし2位にとどまり、'99年以来の勝利を達成するチャンス失った。その後Megeve 04のSGで6シーズンぶりの優勝を決めた。
 ちなみにこのときの伏兵ビルギット・ヘーブ・バトライナー(LIE)は、W杯13年目にしての初優勝であった。
Olympic games
 1998 Nagano DH/8th, SG/3rd, GS/2nd.
 2002 Salt Lake City GS/4th, SG/4th.
 2006.2 Torino. DH/8th, SG/3rd.
World Cup 14 w.(2 DH, 7 SG, 5 GS)
 現在は閉鎖サイト ski-and-ski/work/Biography/Bio-W_Meissnitzer.htm W_Meissnitzer (写真家・木村之与さんのski-and-ski)より
透明スペーサー

  ページtop  アルペン小部屋menu   topページへジャンプ


◇8年がかりで、やっと待望の初ポイント・初メダルのリシャール

 リシャール(Cyprien Richard)、27/01/1979生まれ。
 フランスのリシャール、'08ビーバークリークのGSで24位。ワールドカップにデビューして8年がかりで、やっと待望の初ポイント。
 2007/12/02 Beaver Creek(アメリカ)で開催の男子大回転 24位。
 以降は成績を上げ、'08の全GSレースでポイントゲット。
 '08シーズン最終戦、2008/03/14 ボルミオ(イタリア) GS 3位入賞。8年がかりで、かつシーズン最終戦で、やっと待望の初メダルである。
 ワールドカップのメダル獲得 GS 1回、トップ10 GS 2回、これらすべて8年目の'08シーズンに得たもの。
 07/08総合順位は55位。
 遅咲きではあったが、これからは花が開くこと間違いなしである。
透明スペーサー

  ページtop  アルペン小部屋menu   topページへジャンプ


◇18シーズン未勝利、9年ぶりの表彰台、最年長40歳のイエルビン・パトリック

 JAERBYN Patrik (SWE)  1969年4月16日 Are(SWE)生まれ

 15年目の冬、自国オーレで開催された世界選手権の滑降で銅メダルを獲得。世界選手権は7回、オリンピックは4回出場し、1996年スペインのシエラ・ネバダの世界選手権のスーパーGで銀メダルを獲得、オーレは2回目のメダル獲得である。
 WC表彰台は3回のみだが、3位. SG: Lake Louise 07年は9年ぶりの表彰台。'09のバルガルディナSG第3戦(2008年12月19日)で3位になったのは、39歳と8ヵ月のときである。優勝したHEEL Werner(ITA) 1:35.04 との差は、0.45秒であった。
 →2015現在も、イエルビンは最年長・表彰台スーパーG歴代 1位(3 Place 39歳09ヵ月 Gardena 2008/09)、2位(3 Place 37歳08ヵ月 Lake Louise 2006/07)記録の持ち主である。
透明スペーサー
 最年長の40歳現役WCレーサー
* 1992年にワールドカップデビュー、40歳の2010シーズン終了時点でワールド18シーズン、勝利無し。とはいえ、シード選手に返り咲き、頑張っている実力派・現役選手である。
透明スペーサー

  ページtop  アルペン小部屋menu   topページへジャンプ


◇2勝めまで、この間12年、シルビア・エダー

 シルビア・エダー(EDER Silvia・女子 1965年8月24日生まれAUT 1994年引退した)
Olympic Games
 1984 Sarajevo DH/13th,
 1992 Albertvill GS/9th.
World Cup -2 w. (1 DH, 1 SG)


 ワールドカップ随一の美人エダー姉妹の姉が、シルビア。
 1981年から14年間、高速系のスペシャリストとしてワールドカップで活躍している。優勝経験は、デビューした翌年の1982年バドガスタイン(AUT)滑降レース。そして引退する1994年に、ヴェイル(USA)スーパーGで2勝め。この間、12年間である。
透明スペーサー

  ページtop  アルペン小部屋menu   topページへジャンプ


◇ワールドカップ13年目にしての初優勝ビルギット・ヘーブ・バトライナー

 大回転のスペシャリスト、ビルギット・ヘーブ・バトライナー(HEEB-BATLINER-Birgit / LIE・女子)
 現在は閉鎖サイト ski-and-ski/work/Wcup03/02-11-21_ParkCity-WGS.htm ビルギット・ヘーブ・バトライナー(LIE) (写真家・木村之与さんのski-and-ski)より
 Ladies' 2nd Giant Slalom. Park City,Ut.(USA). 21,Nov,2002
 02/03女子大回転第2戦、パーク・シティ(米国ユタ州)でワールドカップ13年目にしての初優勝である。
 リヒテンシュタインの優勝ということになると'84年3月20日、ズイーゼル(BRD=当時)でハンニ・ウェンツェルが優勝して以来ということになる。
透明スペーサー

  ページtop  アルペン小部屋menu   topページへジャンプ

透明スペーサー
丸ボタン もう読みあきた。磐梯ひじかたの homeへ戻る
=情報満載「SKIスキーのいろいろページ


著作権情報
このスキーの話ページの新設日 : 1999/07/25.

 ◇ リンクフリーですが、ご連絡をいただければ嬉しいです。相互リンクなら大歓迎です 横棒線